記事

中国人も「面白い!」偽中国語のLINEスタンプが中国語圏で人気に

これまでも度々ネット上を賑わせてきた「偽中国語」ですが、今度は偽中国語のLINEスタンプが中国語圏で人気だと話題になっています。

中国人にも意味が伝わる「偽中国語」

偽中国語というのは、日本語の文章から漢字以外の文字を省き、漢字を置き換えることで“中国語のように”表記した文章のこと。例えば、「私は定時ですぐに退社します」なら「我定時即退社」のように表現されることがあります。

日本の漢字は中国本土で一般的に使われる繁体字とは字形が異なり、また文法も中国語とは違いますが、偽中国語の文章は中国人にも理解できるそう。

日本に留学して間もないある中国人女性は「漢字は読めるので、文字を組み合わせて大まかな意味は理解できます。中国のネットでも話題になっていましたが、とても面白いです」と話しています。

いらすとや

中国メディアによると、偽中国語がネット上に登場したのは2009年頃のことなんだとか。それ以降、定期的にネットで取り上げられてきたほか、人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ」で、偽中国語が中国人に通じるか検証する企画が放送されたこともあります。

こうした現象には中国でも注目が集まり、中国版Twitterとも言われる微博(weibo)で話題に上ることもしばしば。ユーザーからは「面白い」「昔の言葉みたいだ」といった感想もあるといいます。

偽中国語のLINEスタンプが人気に

日本の内外で定番の“おもしろネタ”になりつつある偽中国語ですが、LINEスタンプも登場しています。手がけたのは、漫画アシスタントに携わるかたわら、ネット上でイラストを発表したり、LINEスタンプを作成したりしてきた朝日 夜さん(@asahi_yoru9)

LINE STORE

偽中国語の存在自体はかなり前から知っており「友達とふざけて偽中国語でやり取りをしているときに、長文の漢字入力が手間に感じたのでいっそ作ってしまおう!」と思い立ち、スタンプ作成に取り掛かったそうです。

先日、そんなスタンプの売れ行きに異変が見られたといいます。

今まで出したLINEスタンプの確認をできる画面がLINEクリエーターズマーケットには存在するのですが、なぜか急に偽中国語スタンプの購入数が爆増していたので、慌てて原因を探しました。購入地域を調べたら中国、台湾、香港の方々が多かったため、ツイッターで呟いていた方にお伺いしたところ、中国版ツイッターと言われているweiboというsnsで、台湾の方が面白いと紹介していただいたのがきっかけだと教えていただきました。
Getty Images

拡散されていたばかりでなく、コメントも数多く寄せられていたため「中国語圏の方々を…怒らせてしまったのかもしれない…」という心配もした朝日さん。

ただ、内容を見てみると多くのユーザーから偽中国語を「面白い!」「私たちでも読める!」とするコメントだったんだとか。朝日さんは「むちゃくちゃホッとしたのと、国境を超えて言葉で遊んで頂いていることに嬉しく思いました」と明かしています。

この話題について、日本のネット上では「中国語圏の人とコミュニケーション取れるってすごくない」「怪しい日本語みたいな感じかな」と大盛り上がり。今後も偽中国語から目が離せません。

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  5. 5

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    GSOMIA破棄 米国は許容範囲内か

    早川忠孝

  10. 10

    横浜IR誘致で大阪の事業者撤退も

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。