記事

ドレスコードの意味を考えよう

ニュースに、三井住友銀行ではTシャツやジーパンでの勤務をOKにするように試みるとあった(煮え切らない表現だが、そういう風に書いてあった)。今年の夏は非営業職の本店勤務職が対象、反応が良ければ来年度から支店や営業部門にも導入するらしい。

この取り組み、僕は大賛成である。ESGを標榜するのなら、Tシャツやジーパンはクールビズの最先端であるから、むしろ当然だろう。Tシャツやジーパンで通勤し、そのまま勤務できれば最高だと思う。

サラリーマンにかなり厳しいドレスコードがあるのは何のためか。顧客に対する印象を良くする目的が大きい。西洋のモノマネもあっただろうが。

それでいつも思っていたのは、夏に背広とネクタイ姿の営業マンが訪問し、汗を拭きながら喋る姿が本当に好印象を与えるのかどうかである。さらには、背広やカッターシャツが汗で濡れていることもある。

社長さんが社用車で相手先を訪問し、話をするのなら別だろうが、一般のサラリーマンはそうはいかない。タクシーを自由に使わせてもらえるご時世でもない。

ドレスコードの本来の目的を考えれば、営業マンに厳しいドレスコードを押し付け続けるのは、「アホな会社やな、社長が機能していないな」だろう。

ということで、三井住友銀行はさすが関西出身の企業(住友はもとより、三井も元は関西である)、ドレスコードの意味を考え、決断しようとしているのだろう。残念ながら、その三井住友、今年の夏の営業マンはまだ背広とネクタイなのだろうが。

あわせて読みたい

「ビジネスマナー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  4. 4

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  5. 5

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  6. 6

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  7. 7

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  8. 8

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。