記事

6月25日(火)ムネオ日記

野党は内閣不信任案を提出したが、圧倒的反対多数で否決された。

最初から判り切っている結果であるが、枝野立憲民主党代表が一時間も趣旨弁明して何の意味があったのか。なんにでもケチを付けるようなやり方はいかがなものだろうか。もっと現実的な対応をすべきではないか。

「反対の為の反対姿勢に、国会議員としての責任を果たしているのか」と言った声が多数寄せられた。私も同感である。

「辻元清美国対委員長が、さもさものような言葉の遊びをしているが、国民の税金の無駄遣いはあってはならない」という声も沢山あった。

国民は冷静に見ていると受け止めながら、私も謙虚に政治のあるべき姿を模索して参りたい。

明日で通常国会は閉会する。まったなしの参議院議員選挙である。悔いのない鈴木宗男の最後の闘いに挑みたい。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  2. 2

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  5. 5

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  6. 6

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  7. 7

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  8. 8

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

  10. 10

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。