記事

日米実務者協議、工業・農産品分野で「立場を確認」=渋谷統括官

[東京 25日 ロイター] - 渋谷和久政策調整統括官は25日、今週にかけて実施した日米通商交渉の実務者協議で工業品と農産品の議論を行ったことを明らかにした。両分野に関し「先週は工業品、きょうは農産品を議論した。互いの立場を確認するやり取りが中心だった」と省内で記者団に述べた。

工業品については「日本から米側への要求だった」ことも明らかにした。具体的な品目に関しては言及しなかった。

大阪市で28、29日に開催する20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて予定されるライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と、茂木敏充経済再生担当相との閣僚協議は「まだ調整がついていない」とした。

(山口貴也 編集:内田慎一)

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  3. 3

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  4. 4

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  5. 5

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  6. 6

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  7. 7

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  8. 8

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  9. 9

    安倍首相への過剰な警備は忖度か

    猪野 亨

  10. 10

    望月氏が安倍首相の歴史観を分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。