記事

日本の会議は「なぜダラダラと長い」のか “スマートに見せる”方法が話題も千原ジュニア「全然見えてない」



「決断もなく、ダラダラと長いだけ……」「この会議、役に立ってる?」

 あなたは会議に参加し、そんな嫌気がさした経験は無いだろうか。そもそも、日本人の会議や打ち合わせの多くに「決断もなくダラダラと長い」というイメージがつきまとっているのは、なぜなのだろうか。



そんな中、ある一冊の本『会議でスマートに見せる100の方法』(サラ・クーパー/ビジネスあるある研究会=訳/早川書房)が話題を集めている。23日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』では、その本の内容を街の人々にぶつけて反応を探ってみた。

 ある女性が「これ絶対あるよね」と声を大にしたのが、「プレゼンで1つ前のスライドに戻すよう頼む」。これについて女性は「やってる感、聞いてた感を出している」と皮肉交じりの笑顔を浮かべた。



その一方、何でもかんでも「ここだけの話」と言ってしまうという男性もいたが、そのことが会議に及ぼす好影響については「大して変わらない」と苦笑い。20、30代と思われる男性二人組は「いったん冷静になろう、と提案する」について「落ち着こうと言っているが、特にアイデアは無い」「言ってる本人が冷静じゃないパターンがある」とその効果には否定的な見解を示した。中には、「会議が盛り上がるのでは?」という理由から、「有望な意見に対してあえて反対意見を述べる」などの声も聞かれた。

 その後、主な内容の一覧が記されたフリップが掲げられると、千原ジュニアは「(スマートに)全然見えてないよ、コレ」と失笑を浮かべていた。

(C)AbemaTV

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  5. 5

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  6. 6

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  7. 7

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  8. 8

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  9. 9

    年50万円かけ実験 クレカ選択術

    内藤忍

  10. 10

    望月氏が安倍首相の歴史観を分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。