記事

自由主義の結末は、結婚も労働もせず生きる社会

1/2
「恋愛も結婚もしなくなった日本は未曾有の先進国」 という記事。未婚の理由「めぐり合わない」 一方で「探していない」も という記事の感想文なのだが、まあ実にそのとおりだよねえと思うしかない話だった。

p-shirokuma.hatenadiary.com www3.nhk.or.jp

自由主義社会は個人の自由意志こそが至上だ。誰にも強制されない代わりに誰も責任をとってくれない。自由とはそういうものだ。

自由主義を強く描いたゲームに、Assassin's Creed シリーズがある。

Nothing is true; Everythig is permited. 真実はなく、許されぬ事などない

Assassin's Creedより

これがシリーズを通して提示されるアサシンたちの信条であり、主人公たちアサシン教団は人々の自由を守るため、全体主義を是とするテンプル騎士団と世界の裏側で戦っていくのである。

だが、こうした自由を描いてきたアサシンクリード・シリーズも、その自由に疑問を呈していく。

I understand now. Not a grant of permission. The Creed is a warning. Ideals too easily give way to dogma. Dogma becomes fanaticism. No higher power sits in judgement of us. No supreme being watches to punish us for our sins. In the end, only we ourselves can guard against our obsessions. Only we can decide whether the road we walk carries too high a toll.

だが今ならわかる。信条が与えるのは許可ではなく……警告

理想は容易く独断と化し……独断は……狂信と化す

我々を裁く存在も……我々の罪を監視する最高存在もいない

己を……護る事が出来るのは己自身

進む道、払う犠牲を選ぶのは己自身

Assassin's Creed: Unity より

「その自由は、本当におまえを幸福にするのか?」

そう問われているようだ。

自分自身だけじゃない。自由を重じんれば重んじるほど、我々は他人の選択肢を少しずつうばっていることがある。自由主義社会において、企業は人を雇用するもしないも自由である。どうせなら気に入った人物を雇用したい。企業がそうして選り好みすればするほど、就活に行く若者たちはそれの要求に応えるべくいわゆる「量産型」と呼ばれるような同じような見た目になっていく。選考する自由が、選考を受けるものの自由を奪っていく。

こんなことはあちこちにあるのだ。上記記事のような恋愛や結婚にだってある。まずはその現実を認められなければ話は始まらない。

矛盾社会序説──その「自由」が世界を縛る という本には、そうした事例がいくつか紹介されている。

「Big, BlackDogSyndrome(大きく黒い犬の問題)」ということばがある。ア メリカの捨て犬の保護施設で用いられる語句で「引き取り手がなく殺処分さ れるのは、黒い大型犬ばかり」である状況を指したものだ。毛並みの明るい、 あるいは小柄な捨て犬は、比較的容易に引き取り手が現れる。一方、大きく 黒い犬は、万人受けするような外見ではなく、攻撃的で凶暴なイメージを持 たれがちで、引き取り手がなかなか現れないのだという。

矛盾社会序説──その「自由」が世界を縛る

矛盾社会序説 その「自由」が世界を縛る
作者: 御田寺圭
出版社/メーカー: イースト・プレス
発売日: 2018/11/17
メディア: 単行本(ソフトカバー)
この商品を含むブログを見る

このような「大きく黒い犬の問題」は、キモくて金のないおっさん問題などとしてネットでもいくたびか話題になってきた。こうした魅力は実のところ生まれ持ったものだけでほとんどが決まってしまう。

確かによい姿形をしていることだけが有利に働くわけではないのだが、人々が好感を持つポイントというのはおおむね習慣によって形成される。曰く、箸の持ち方がきれいだとか、歯がきれいだとか、気遣いができるだとか、清潔感があるだとか、動作音が小さいだとか。こうしたものは生まれた家の習慣が反映されていくのである。

あわせて読みたい

「自由主義」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  9. 9

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  10. 10

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。