記事

米ミサイルシステムの東欧配備、キューバ危機の再来=ロシア次官

[モスクワ 24日 ロイター] - ロシアのリャブコフ外務次官は24日、米国が東欧諸国のロシア国境付近に地上配備型ミサイルシステムを展開すれば、1962年のキューバ危機に近い緊張につながるとの考えを示した。

ロシアは米国による東欧へのミサイルシステム配備や中距離核戦力(INF)廃棄条約の破棄を強く非難している。

リャブコフ次官はロシア通信(RIA)に、「こうしたシステムが実際に配備されれば、状況がより複雑化するだけではなく、限界にまでエスカレートする」と指摘。さらに「ロシアが1980年台のミサイル危機にとどまらず、キューバ危機に近い状況にあると認識する可能性がある」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    武漢で4万人宴会 感染否定に疑問

    団藤保晴

  3. 3

    米の北戦略「ソウル防衛捨てた」

    文春オンライン

  4. 4

    番組担当者が自殺 MXTVの無責任

    渡邉裕二

  5. 5

    カジノ誘致で米中に蜜吸わせるな

    毒蝮三太夫

  6. 6

    東出の不倫めぐる「稚拙なミス」

    藤沢数希

  7. 7

    実名報道 想像力乏しい記者たち

    dragoner

  8. 8

    邦人帰国のチャーター機派遣延期

    ロイター

  9. 9

    共産市長NO 広告にヘイトと指摘

    田中龍作

  10. 10

    杉田議員の「エア電話」率は80%?

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。