記事

KANA-BOON、”音信不通騒動”以降初のライブを実施「本当に心配をおかけしました」

 4人組ロックバンド・KANA-BOONが23日都内で、ベーシストの飯田祐馬(28)の音信不通騒動以降、初のライブを行った。


 交流がある3人組ロックバンド・シナリオアートの対バンツアー最終公演に出演したKANA-BOON。この日は、シナリオアートのリーダーでベーシストのヤマシタタカヒサが飯田の代役を務め、全9曲を披露した。

 およそ650人の観客を前に、ボーカルの谷口鮪は「本当に心配をおかけしました」と謝罪。「今できることを残りのメンバーで、手伝ってもらいながらやっていこうと思います」と再出発の決意を語った。バンドは音楽活動を休止している飯田が復帰するまでは、サポートのベーシストを迎え、活動を続けるという。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶︎KANA-BOON『メトロック2019』ライブ映像(Abemaビデオで配信中)

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 慰安婦像は不可侵か

    小林よしのり

  2. 2

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  3. 3

    ガンダムOVAは原作準拠の劇中劇

    上伊由毘男

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    冷房つけぬ実家 帰省拒否に共感

    キャリコネニュース

  6. 6

    陛下と対照的な安倍首相の式辞

    小宮山洋子

  7. 7

    文在寅氏にゴマする愚かな韓国紙

    団藤保晴

  8. 8

    慰安婦問題が脅かす欧米の正統性

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    N国立花氏の戦略は「つたない」

    早川忠孝

  10. 10

    安倍首相の飛翔体巡る対応に苦言

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。