記事

もうUSB端子の上下で迷わない?“表情”に注目した見分け方に「納得」の声

Adam Birkett on Unsplash

パソコンとUSBメモリやスピーカー、扇風機などの周辺機器を接続したり、スマートフォンを充電したりする時に「USB端子の上下が分からない!」とイライラした経験がある人も多いのではないだろうか。

ひと口に「USB接続」と言っても、標準的なUSB Type-Aから、Androidスマホやタブレットに使われるmicro USB、アップルのlightning端子と同じように最新のAndroidスマホやノートPCで採用されているUSB Type-Cまである。それぞれ形状が違うだけでなくUSBのバージョンの違いもあり、日頃からUSBを利用している人でも正確に答えられる人は少ない。

最も古くからある企画・USB Type-Aは、多くの機器で利用され日常的に目にすることも多いが、端子に上下の区別があり、「端子の上下が分からない」「端子の向きを間違えて挿せない」など、イライラするという人も多い。

このほどTwitter上では、そんなUSB Type-Aの向きを間違えない見分け方が話題になっている。

Twitterユーザーのゆきのふさんが紹介したのは「人相の良い方が表」という見分け方。端子の凹凸やくぼみを顔に見立て、上に来る側は「人相が良い」と紹介した。

これまでにも何度かネット上で話題になった方法だが、初めて知ったというユーザーも多く、ツイートは23日昼時点で5万回以上リツイートされ、14万件を超える「いいね」がつけられるなど大反響。コメント欄には「納得」「素敵な見分け方」といった声が多く寄せられた。

こうした見分け方について、モバイルガジェットのエバンジェリストの庄司恒雄氏は次のように指摘する。

(口に見える)くぼみがある方が上というのは、USB Type-A端子の構造上、端子が片方によるためプレートのある側と無い側ができる、ということからできる見方です。ただし、プレートが黒色の端子もありますので、一見しただけでは上下がわからない製品もあるかと思います。

その上で「ハウツーの1つとして、こうした見分け方も知っておくと便利に利用できるのでは」と話した。

また、USB端子の上下判別には、「USBのロゴがある方が上」という説もある。こちらについても「そうした傾向や製品が多いということにすぎません」と庄司氏。

USBロゴの認証は必要とされていますが、ロゴの表示位置についてまでは定められてはいないようです。現在の傾向が急に変わるとは思われませんが、今後も維持される保証もありません。とはいえ、ハウツーや使い方のヒントとして、参考にすれば、USBの向きでイライラするケースを減らすことができるかと思います。

こうした小技を利用しつつ、やはり確実なのは自分の目で確認することなのかもしれない。

あわせて読みたい

「パソコン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  2. 2

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  4. 4

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  5. 5

    国民民主が分党 立民と合流へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  8. 8

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  9. 9

    こじるり SNSでの誹謗中傷に嘆き

    女性自身

  10. 10

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。