記事

あいみょん、クリープハイプ尾崎世界観と自宅愛

 6月中旬の深夜3時。傘を叩く冷たい雨が、酒で火照った2人の耳に、ポンポンと心地いいリズムを刻んだ。その2人とは、紅白歌手のあいみょん(24)とロックバンド「クリープハイプ」のフロントマン・尾崎世界観(34)である。

 いま、若い世代にもっとも支持されている女性アーティスト「あいみょん」。2018年、スター街道を驀進する裏側で、彼女はひとりの男性との愛を、人知れず育んでいた。

 羽田空港第1ターミナル。6月10日午後0時35分、高松空港を出発したJAL便は、定刻より早く到着した。香川県でのライブを終えて帰京した「クリープハイプ」のメンバーのなかで、尾崎は気もそぞろに、電光掲示板を見上げていた。

 空港でメンバーと別れ、尾崎は一路都心へ。事務所で仕事をこなすが、心はもはやここにあらず。午後6時、やっと仕事を終わらせて駆けつけた先は、あいみょん(24)が住む、都内のマンションだった。

「あいみょんと尾崎は現在、真剣交際中。2人は昨春、尾崎が作詞・作曲したラジオのキャンペーンソングに、あいみょんが参加したことがきっかけで知り合った。以前から尾崎は、あいみょんの音楽性に注目していたようだ」

 そう音楽関係者が話す2人の交際は、ファンならずとも驚く大物カップルである。

 あいみょんの所属事務所は本誌の取材に、「プライベートは本人にまかせています」と、交際を否定しなかった。

 詳しくは、6月25日発売の『FLASH』2019年7月9日号にて。

(週刊FLASH 2019年7月9日号)

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  4. 4

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  5. 5

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  6. 6

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  7. 7

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  8. 8

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。