記事

桑田佳祐、20年ぶりに「伝説曲」の封印を解いた理由

20年ぶりに封印が解かれた

 その曲のイントロが流れ出すと、客席からは驚き混じりの歓声があがった──。6月16日、サザンオールスターズのデビュー40周年ツアーが千秋楽を迎えた。桑田佳祐(63)は、デビュー曲の『勝手にシンドバッド』から最新曲まで30曲以上を披露。そのラストに歌い上げたのが、『旅姿四十周年』だった。

 1983年に発表されたこの曲は、元々『旅姿六人衆』というタイトルだった。これに、コアなサザンファンが敏感に反応した。

〈ずっと聴きたくて待ちわびていましたが、封印されてしまったかのように思っていました〉
〈余韻がまだ残ってます。幻の曲が幻でなくなった瞬間でした(涙)〉

 インターネット上には、そんなコメントが躍った。なぜ“封印された曲”なのか。芸能関係者が明かす。

「サザンは、デビュー当時は6人組でした。ですが、2001年にメンバーの1人が脱退。2006年にそのメンバーが事件で逮捕された。1998年のライブで歌ったのを最後に、脱退以降、『旅姿六人衆』がライブなどで披露されることはなく、ファンの間では“6人組じゃなくなったからもう歌われない”と囁かれていた」

 それだけに、桑田が20年ぶりに伝説の曲を歌ったことに、ファンの喜びはひとしおだったようだ。音楽関係者は次のように話す。

「たまたま披露する機会がなかっただけで、桑田さんをはじめサザンのメンバーには、“封印”という意識はなかったそうです。今回、ツアーのトリにもってきた理由は、同曲がサポートメンバーや裏方スタッフへの感謝を歌ったものだから。40年の節目に、改めてこれまでサザンに携わってくれた多くの人に感謝を伝えたかったようです」

 この10年は、ソロ活動の重視や5年間に及ぶ活動休止などもあり、サザンというバンドとしての露出は少なかった。

「昨年末に紅白歌合戦に35年ぶりに出演し、今回のメモリアルツアーを経て、“サザンとしての活動”を充実させていく考えだそうです。新曲やアルバムのリリースはもちろん、サザンゆかりの地である神奈川・茅ヶ崎でのイベントといったプランも浮上している」(同前)

※週刊ポスト2019年7月5日号

あわせて読みたい

「サザンオールスターズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  4. 4

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  5. 5

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  6. 6

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  7. 7

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  8. 8

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。