記事

Nスペ『第1集「宇宙人の星」を見つけ出せ』は最悪だった

1/2

昨晩放送の、NHKスペシャル、『スペース・スペクタクル』第1集「宇宙人の星」を見つけ出せ…は、近年放送されたNスペの中でも、科学番組として最悪だったね。

いやもう、これは笑うしかない(^o^)
この番組のディレクターの科学的センスが、いかに幼稚かというのがわかった。

「ボーと生きてんじゃねーよ」
……と、チコちゃんに叱られるレベル。

▼番組公式サイト
櫻井翔が宇宙へナビゲート NHKスペシャル 『スペース・スペクタクル』

取材を受けている科学者たちの研究や発言は、真摯なものだ。それは傾聴の価値がある。
しかし、そのせっかくの科学的エッセンスを、ちんけな宇宙人に結びつける強引さがバカバカしい。

「赤色矮星の惑星に生命が存在しているかもしれない」
というところまではいい。
研究者が想像した架空の生物の描写は、あくまで想像であって科学的根拠の説得力は乏しい。それらはウルトラマンに出てくる異星人や怪獣と大差がない。バルタン星人やカネゴンだって、科学的な理由づけをすることは可能なのだ。

スタジオのセットや、CG、着ぐるみ等に力を入れたのをアピールしたいのだろうが、大仰に科学的な異星人の姿……などと自画自賛するようなものではない。台本とはいえ、三文芝居につきあわされている櫻井君が気の毒だったよ(^_^)。

太陽系外惑星や地球外生命を探している科学者は、「宇宙人」を探しているのではなく、生命活動の痕跡を探している。
「人」ではないのだ。
そこをはき違えている。

もちろん、この銀河系を含む広大な宇宙のどこかに、「宇宙人」と呼べるような知的生命体はいるだろう。そのことを疑う科学者はいないはずだ。なにしろ、宇宙には無数の星がある。地球だけが特別と考える方が不自然だからだ。

地球が奇跡の産物だとする。
「奇跡」というのが、確率的にどのくらい低いと奇跡といえるか?
仮に、1兆分の1の確率が奇跡だとする。
宇宙の銀河の数は、2兆個以上と考えられている。
天の川銀河には、約2000億個の恒星があるとされる。

2兆個×2000億個=4の23乗個の恒星

あわせて読みたい

「NHKスペシャル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「親日本」が韓国に与えた納得感

    WEDGE Infinity

  4. 4

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  5. 5

    なぜ匿名? 二宮結婚報道の異常さ

    山下雄平

  6. 6

    日本と同じく滅びゆくアジアの国

    永江一石

  7. 7

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  8. 8

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  9. 9

    桜を見る会は総選挙に影響するか

    やまもといちろう

  10. 10

    桜を見る会 退陣論出ない不思議

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。