記事

一流を知ると不幸になる。

先週末、代々木上原にあるレストラン「sio」にみんなで行ってきました。

お料理はとっても美味しくて、オーナーシェフ・鳥羽さんのお話もすごくおもしろかったです。

今日は、その時に鳥羽さんが何気なく仰っていたことについて少しこのブログにも書き残しておこうかなと。

それが今日のタイトルにもあるように「一流を知ってしまうと不幸になる」というお話です。

「一流のタオルを知ってしまうと、不幸になる時間が増える。」

鳥羽さんはイケウチオーガニックさんのタオルで食器を拭きながら、僕らと会話をしている時に「一流のタオルを知ってしまうと、不幸になる時間が増える。」と仰っていました。

なぜなら、ホテルや銭湯など、タオルにこだわりのない施設で普通のタオルに触った時にガッカリするからだ、と。

一流を知らなければ、そうじゃなかったかもしれないのに。

ガッカリしたその原因(理由)を考える。

でも同時に「解像度も上がるんだ」と鳥羽さんは仰っていました。

一流を触れたことによって、今まではガッカリしなかったものに対してガッカリした、その原因(理由)を考える。

なぜ?

どうして?

そんなふうに考えられるようになって、たくさんの気づきや発見が得られると。

その考える行為やプロセスこそが重要なのかもしれない、と仰っていました。

(※かなり僕の意訳が含まれています。)

一流との落差の認知がクリエイティブにつながる。

僕は、この話を聞いたとき、とっても共感してしまいました。

一流と普通の違いを考えて、その「なぜ?」や「どうして?」の原因がわかった時に、「あー、だからなのか!」「じゃあ、自分はこうしよう!」と思う。

その一流との落差の認知こそが、自己のクリエイティブにつながるのかもしれないなと。

以前このブログに書いた、下記の記事の話にも非常に近い発想です。

参照:トークイベントに参加するのは、まとまった考える時間を確保するため。 | 隠居系男子

最後に

「一流に触れると不幸になる時間が増えるから、触れない。」

それもひとつの考え方として、正しいと思います。

でも、不幸になるためにこそ、僕らは一流に触れるべきなのかもしれません。

なぜなら、その不幸こそが自分の解像度の向上につながり、創意工夫につながるわけだから。

「一流に触れて、審美眼を鍛えなさい。」その本質をまた少しだけ理解できたような気がします。

鳥羽さんの一流のお料理を食べながら、僕はそんなことを考えました。

このお話が、いつもこのブログを読んでくださっている方々にとっても何かしらの参考になったら幸いです。

あわせて読みたい

「クリエイティブ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  5. 5

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。