記事

メルペイ、登録者数が200万人を突破

 スマホ決済サービス「メルペイ」の登録者数が200万人を突破。コンビニ・ファーストフードなど日常での利用が広がっている。

 メルペイは、2019年2月13日に提供を開始したスマホ決済サービス「メルペイ」の登録者数が、6月18日に200万人を突破したと発表した。この登録者数は、メルペイ「電子マネー」の登録を行ったユーザーの累計で、コード払いは除いたもの。

 メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」の売上金を店頭で使うことができるという特徴がある。非接触決済サービス「iD」だけでなく、「コード払い」にも対応し、「iD」加盟店と合わせて全国135万か所の加盟店(順次対応予定)で利用可能となっている。ユーザー拡大においては、コンビニやファストフード店、ドラッグストアでの利用が貢献している。

MONEYzine編集部[著]

あわせて読みたい

「メルカリ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。