記事

【読書感想】あの天才がなぜ転落 伝説の12人に学ぶ「失敗の本質」

1/2

あの天才がなぜ転落 伝説の12人に学ぶ「失敗の本質」
作者: 玉手義朗
出版社/メーカー: 日経BP社
発売日: 2019/04/18
メディア: 単行本(ソフトカバー)
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

あの天才がなぜ転落 伝説の12人に学ぶ「失敗の本質」
作者: 玉手義朗
出版社/メーカー: 日経BP社
発売日: 2019/04/18
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

  内容紹介
驚愕の破滅人生!
著名な大金持ちが大転落、貧しく寂しい末期を迎える。
歴史に残らなかった12人の栄光と挫折に学ぶ、失敗学。

◎ テスラCEOも惚れた天才科学者
◎ フランス中央銀行総裁に成り上がったギャンブルの奇才
◎ 三菱、三井を超える巨大商社を率いた名参謀 ……

あれほどの成功をつかんだ男がなぜ――?

競争戦略にマネジメント論、マネー論など、
経営学と経済学の切り口から、
「残念な偉人」を徹底解剖。

 僕は伝記好きなのですが、成功者の栄光に満ちた人生よりも、「栄華を極めたにもかかわらず、さまざまな理由でうまくいかなかったり、挫折したりして、破滅していく人生」が気になるのです。

 単に「他人の不幸のほうが面白い」のかもしれませんが、自分自身がそんな思い切った賭けに出ることができない分、大きく勝負した人の「滅びの美学」に心惹かれてしまうところもあって。

 この本では、科学者や発明家、事業家、相場師などの12人の「絶頂から転落した成功者たち」の物語が紹介されています。

 最初に登場してくるのは天才科学者二コラ・テスラです。彼は交流モーターを開発し、直流派だった、「発明王」エジソンとの熾烈な主導権争いを制し、富と名声を手にします。しかしながら、あまりにも壮大な無線通信と無線送電を一度に成し遂げようとして、十分な成果をあげることができませんでした。

 著者は、二コラ・テスラが、なんでもひとりでやろうとせずに、しっかりした財務担当者を据えて、まずは無線通信から段階的に実現していれば、雑事に振り回されず、その才能をもっとうまく発揮できただろうに、と惜しんでいるのです。科学者としての仕事に専念し、実用化・事業家は他人任せにしていれば、科学者としての名声は揺るぎないものとなっていたのではないか、とも述べています。

 実際のところ、テスラは無線通信の技術で最先端を走っていて、事実上マルコーニよりも先に成功していたとすら考えられる。しかし、世界システムという壮大な構想に邁進していたテスラは、無線通信という大成功を通りすぎてしまったのだ。

 その点から見れば、テスラのライバルだったエジソンは徹底した事業家であった。エジソンが生み出したのは、実用に適する発明であり、即座に事業に結びつくものであった。そして、その権益を守るために徹底した特許戦略を展開している。

 映画撮影機などの特許を取得していたエジソンは、使用料を支払わない映画制作者を見つけだすと、スタジオに乗り込んで機材を破壊するほどであった。執拗な取り立てに嫌気がさした一部の映画制作者は、エジソンの目を逃れるために西海岸へ向かった。彼らが新たに映画制作を始めたのが、当時は未開の地であったロサンゼルスのハリウッドだったのである。

 エジソンが「事業家」であったとすれば、テスラは本質的には「科学者」であった。もしテスラが、大学や研究機関で真実の探求だけを行っていたら、輝かしい名誉を得ることができただろう。実際にテスラは、ノーベル物理学賞の候補になっていたが、エジソンと同じく受賞には至らなかった。

 むしろ、「エジソンって、そんなにお金にこだわる人だったんだ……」ということに驚きながら読んでいたんですよね。

 この本に出てくる「転落した天才」のなかには、「本人は没落して窮乏生活をすることになったけれど、その仕事は後世にも大きな影響を与えたり、つくった会社は大企業として存続している」という事例もあるのです。

 極貧のなか勉強し、神戸で外国産の砂糖を扱っていた鈴木商店で働き、頭角を現して店の経営を任された金子直吉さんの項では、第一次世界大戦の「戦争景気」に乗じて急成長を遂げた鈴木商店の栄光と没落が描かれています。

あわせて読みたい

「経営学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  2. 2

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  5. 5

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  6. 6

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  7. 7

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  8. 8

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

  10. 10

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。