記事
  • 尾野(しっぽ)

【漫画つき】コンプガチャだけじゃない。ケータイSNSゲーム課金の仕組み解説

1/3
本エントリは、しっぽのブログ 様に許諾をいただき、転載いたしました。

昨日から、コンプガチャの話題が飛び交ってますが、
みんな結局何が問題で、どこが論点なのか分かりにくくなってると思います。
そこで今回、コンプガチャと、あといくつかケータイ向けSNSゲームの手法について、お金を使ってしまう仕組みについて解説してみました。

例のごとく凄く長くなってしまいましたが、
現役漫画家の森井ケンシロウさんが分かりやすいイラストを描いてくれたので、ぜひ楽しみながら見ていってね。

ちなみに、説明する各種システムはゲームによって微妙に差異があります。
今から説明するのはひとつの例で、カードの枚数や値段、期間やその他もろもろ、仕組みが違うゲームもあるってことは了承してください。

コンプガチャとその問題点

コンプガチャというのは、好調なケータイ向けSNSゲームで結構取り入れられている手法で、
一部では売上の50%をこのコンプガチャが占めるなんて話もあります。
「ガチャ」というのは、現実のガチャガチャのようにランダムでカードを手に入れることができる仕組みで、300円で1回、3000円払うと11回分できたりします。

で、「ガチャコンプ」はゲーム内のイベント。
対象のカード5枚から12枚が指定されて、期間内に全部集めることで、普段は手に入らないレアカードをもらえるんです!
なるほど、コンプリートするとご褒美が出るんですね、平和で、面白そうなイベントだね。
ところが大きな罠があるんです。

画像を見る

さてとあるユーザーが、ケータイSNSゲームにハマっています。
ガチャコンプイベントはお金がかかると聞いていたので、少し普通の有料ガチャをするだけで楽しんでいます。
ところが

画像を見る

コンプガチャをするつもりがなくても、対象カードが出ることがあります。
8枚中3枚が手に入ったのだから、残りは5枚。
あと今の2・3倍頑張れば、コンプリートできる...?

画像を見る

実は大間違い

カードの出る確率は一定でも、揃えば揃うほどカードがダブりやすくなります。
6枚揃っているなら、8種類のうち2種類しか当たりになりません。
1枚目の確率が10%あっても最後は1.25%まで落ち込みます。
厄介なことに、最初は短い間に何枚も揃ってしまい、
誰でも「あれ?いけるんじゃね?」と考えてしまいます。

画像を見る

最終的に100回以上もガチャをしなければいけないような低確率になっちゃう。
3000円のセットなら、わずか9回のクリック。
それで、あっという間に数万円が吹っ飛んでいきます

画像を見る

よほど運が悪いのかな?
違うんです。
確率の異様な低下で、コンプリートギリギリでずっと引けなくなってしまう。
でも、今諦めたら、かけたお金は無駄になっちゃう!

そして、

画像を見る

まあ、運が良かったほうかもね。
世の中には10万単位で消費しちゃう人がいるんだから。

これがコンプガチャにお金を払ってしまう仕組みです。
ポイントは最初に「今日は運がいい。チャンスだ」「意外と安くコンプできるのでは?」という錯覚を起こさせること
次にある程度つぎ込んでから確率が低下することで「払った分を無駄にするから途中で諦められない」と思わせることです。

ついでに8万も出したカード、その分育てて元を取らないと、ってことでゲームも辞められなくなりました。

(「現実のカード集めとの違い」「通称門番について」は記事の最後に蛇足として書いておきます)


買い物と詐欺の違い

「自分の意思でお金を払ったんだからいいだろ?」
そういう意見もあります。

でも、自分の意志でお金を払ったらなんでも許されるかな?

例えば、10万円で講座を受けられる契約をした。
ところが講座に必要な教科書が5万円、教材が9万円、手数料が3万円!?
そんな聞いてないですよ?え?やめてもいいけど10万円は戻らない?そんなぁ。

って場合とか。
正当な取引って、正常な判断力があって、十分な情報があって、
その上で価格に見合うお金を払おう、って、思った場合にだけ成り立つ
んじゃないかな?

騙したり、勘違いするように仕向けたり、時間で迫って焦らせたり、ギャンブルに酔わせたりしてたら、正当じゃないよね?
そこが許容範囲内なのかどうかって、もちろん議論はあるけれど、
必ずしも「自分の意思でお金を払ったから正当」とは言えないよね。

画像を見る

射幸性より欺瞞(ぎまん)性

コンプガチャの話をする時に、よく「射幸性」という言葉が使われる。
ギャンブルで勝つことが忘れられなくて依存症になっちゃう、ということね。
でも、今回の場合、その前に「錯誤(さくご)性」や「欺瞞性」と呼ばれるものが問題になると思うんだ
つまり「勘違いするように仕向ける」というものだね。

今説明したコンプガチャは、最初にユーザーに安い値段を予想させておいて、
実は高い値段がかかる、という部分がこれ。

今回話題になっている法律が作られた時にも、
コンプするとレアがもらえる、という方法に
「懸賞の方法自体に欺瞞性が高い」という指摘をしているんだ。

もちろん射幸性は問題だけど、
ケータイSNSゲームの仕組みについては欺瞞性に注目だと思うよ。

コンプガチャ以外の仕組み

コンプガチャが禁止されても、ケータイSNSゲームには他の収益方法がある、というのは本当で、
単純にゲームが面白い、というのから、女の子が可愛いとか、友達ができる、とか色々。

その中から課金の仕組みを2つ、お金を払ってしまう流れを紹介します。

あわせて読みたい

「ソーシャルゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  4. 4

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  5. 5

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  6. 6

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  7. 7

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    糖質制限をめぐる異なる説に困惑

    諌山裕

  10. 10

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。