記事

カタカナを多用する人の英語がヘタな理由

2/2

2.英和辞典と和英辞典は使わない

英和辞典ではなく、まず、英英辞典と類語辞典で、英単語の意味を調べる癖をつけてください。日本で英語と思われている単語でも、英語では使わないものや意味やニュアンスが違うものはかなりあります。英英辞典や類語辞典を使っていれば、そのような誤解は防げますし、自然と英語の語彙も増え、用例も見るので、言い回しも覚えるようになります。

もし、日本語でカタカナ英語を使う場合でも、英語の意味を英英辞典や類語辞典を使って確認してから使うべきです。そうすれば、本来の意味やニュアンスと異なることに気づく機会が増え、自然と日本語の奇妙なカタカナ英語を使わなくなると思います。

議論できない「暗記スピーチ」をやめる

英和辞典の代わりに英英辞典や類語辞典を使うことに慣れたら、和英辞典を使うことをやめてみましょう。和英辞典を使うことのデメリットは2つあります。

1つは、和英辞典では、日本語を英語の単語を使って説明をしようとしますが、結果として、英語的に理解不能であるケースが多々生じることです。もう1つは、英語で伝える場合、自分の意見や主張を組み立てる際に、最初から英語で考える癖をつけられないことです。英語は英語で完結するようにすることが重要です。

3.暗記の英語スピーチはやらない

日本人は暗記が大好きなようです。スピーチも暗記ものの一つと考えているので、学生から総理大臣までスピーチをするときは、原稿を読む、あるいは暗記することが普通ですが、あれはいただけません。暗記スピーチには2つの問題点があります。

1つ目は、一方通行であること、2つ目は暗記することで臨機応変に対応することができないことです。実際、一方通行のスピーチは、途中での質問は想定していないので、もし途中で質問され、中断されてしまうと、すんなり再開することは難しく、巻き戻しになったり、内容が途中で飛んでしまったりするのではないでしょうか。

また、質問を反映するなど聞く人の関心に応えたり、会場の雰囲気に合わせたりすることも困難で、臨機応変に内容の変更をすることも難しくなります。何より、暗記スピーチは一方通行で双方向性はないので、英語で議論するなどの現実的な場面では役に立ちません。

やる気を維持するために必須の3原則とは

何であれ、何かを身につけるためには、モチベーション(やる気)は非常に重要です。やる気を持つためには、自己の成長が前提の「面白い」でなければいけません。

やる気を維持するために必要なのが、目的、自律、熟達の3つであるといわれています。目的は明確で、多様化を前提としたグローバル社会で選択肢を増やして生き残るためには英語を身につける必要があるということです。

自律に関しては、教室で一方的に教わるだけでなく、自分で何らかの工夫をしてみることが重要です。例えば、議論に消極的な姿勢を解消するために、まずは仲間をつくり、テーマを決め、言葉の定義を行って、日本語で議論をしてみることから始めてみてはどうでしょうか。

また、せっかく大学で外国人と知り合いになったら、とにかく英語でしゃべってみましょう。しゃべれば何がしか得るものがありますが、しゃべらなければ何も得ることはできません。自分の意見や主張を持ち、それを発言する場を自分で積極的につくることが重要です。

3つ目の、熟達を感じるとは、英検など資格試験の等級よりも、よりうまく自分の意見や主張を伝えられ、より有効なフィードバックを得られるようになったと感じること、つまり、語彙、話し方、論理の組み立て方の進歩や話の幅の広がりを感じられることであると思います。

利害が絡むビジネス英語は意外と丁寧

まず、英語で伝えたい意見を持つことが必要ですが、その後は、意見の背景となる話題やテーマを広く持つことが必要になります。その話題やテーマについて言いたいことがあれば、その話題やテーマについて一層勉強するはずですし、海外では、どのように考えられているのか、どのような議論が行われているのかに興味を持つはずです。

小笠原泰『わが子を「居心地の悪い場所」に送り出せ 時代に先駆け多様なキャリアから学んだ「体験的サバイバル戦略」』(プレジデント社)

常に興味を持って考えていれば、思考は広がるものです。これは、日本語においても全く同じです。そのために、日々の小さな一歩の積み重ねが意味を持ちます。毎日ちょっとしたことを続ける複利計算の考え方です。

まずは、大学の図書館で、英字新聞の見出しを毎日確認してみてください。ウォールストリートジャーナルあたりが良いでしょう。それを日本の新聞の一面と比べてみましょう。そして、興味のありそうな記事を一本読んでみてください。その時、英和辞典を使わないことも重要です。

慣れてきたら、ビジネスウィークなど英語の雑誌の記事を1ページ読んでみましょう。自宅で時間のある時に、英国のBBCとアメリカのCNNを見比べ、時事問題に対する報道のスタンスの違いを、日本の報道との比較も含めて探ってみるのも良いでしょう。

小説が好きであれば、それを読むのも、語彙と言い回しの引き出しを増やすのに有効です。この日々の成果を、英語で議論をするときに使ってみてください。少しずつかもしれませんが、うまくなったと感じることができるはずです。

ビジネスでの英語は難しいのでは、という不安があるかもしれませんが、実は意外と大丈夫なのです。なぜかといえば、ビジネスでは利害が絡むので、英語でうまくしゃべれなければ、相手が聞き返してくれますし、うまく聞き取れなければ、相手はゆっくりしゃべってくれるからです。学生時代に人間関係を構築できる程度の英語を身につけていれば、社会に出た後のビジネスでの英語は、それほど心配する必要はないのです。

----------

小笠原 泰(おがさわら・やすし)
明治大学国際日本学部教授・トゥールーズ第1大学客員教授
1957年生まれ。東京大学卒、シカゴ大学国際政治経済学・経営学修士。McKinsey&Co.、Volkswagen本社、Cargill本社、同オランダ、同イギリス法人勤務を経てNTTデータ研究所へ。同社パートナーを経て2009年4月より現職。主著に『CNC ネットワーク革命』『日本的改革の探求』『日本型イノベーションのすすめ』『なんとなく日本人』『2050 老人大国の現実』など。

----------

(明治大学国際日本学部教授・トゥールーズ第1大学客員教授 小笠原 泰 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    テレ東が先陣 マスク着用で好評

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  4. 4

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  5. 5

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  6. 6

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  7. 7

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  8. 8

    鼻マスク失格 秩序守った監督官

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    首相演説を批判 朝日に「何様?」

    鈴木宗男

  10. 10

    医療整備に腹くくれない首長たち

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。