記事

カタカナを多用する人の英語がヘタな理由

1/2

「コンプライアンス」や「ガバナンス」といったカタカナ英語を多用する人がいる。だが、そういう人は英語が堪能かといえば、そうでもない。明治大学の小笠原泰教授は「カタカナ英語では、言葉本来の意味が分からなくなる。たとえばナイーブ(naive)という言葉は日本語と英語で意味が違う」と指摘する――。

※本稿は、小笠原泰『わが子を「居心地の悪い場所」に送り出せ 時代に先駆け多様なキャリアから学んだ「体験的サバイバル戦略」』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/scyther5)

英語学習は「好き嫌い」で判断すべきではない

「デジタル・テクノロジー革新と融合したグローバル化」の進行によって、世界中の人々の移動や、ネット上でのコミュニケーションが活発化するなかで、異なる母語を持つ人々が、相互理解や合意形成を行うための共通言語の存在は、必要不可欠です。このような共通言語をリングア・フランカ(Lingua franca)と呼びます。これが現在の英語です。グローバルな社会において、英語が最も取引コストを低下させる言語であるということです。

現代のリングア・フランカである英語を使えるか使えないかは、将来の自分の選択肢を広げられるかどうかの実利の問題であり、好き嫌いで判断すべき問題ではありません。筆者は、「多様性を前提とするグローバル化する社会」で生き抜くには、母語も英語も両方大切であり、二者択一的に捉えるべきではないと思います。

より直截的な言い方をすれば、国境を自由に越えて、より多くの個人と個人がつながっていくグローバル社会において、急速に権威と統制力を失っていく国家に依存することなく、自らを助け、より多くの仲間に助けてもらい(信頼と互恵と互酬)、より良い人生を生きるためのネットワークをつくるために必須なものが英語であるということです。

進歩の著しい自動翻訳に期待する人もいますが、英語等の欧州言語と違い、単語の分節が不明確な日本語は、コンピュータが構文解析と意味解析とを分けて行うことが難しいこともあり、ビジネスなどで求められるレベルのコミュニケーションを自動翻訳で実現するには、まだまだ時間がかかるでしょう。したがって、技術革新によって、そう遠くない将来には自動翻訳が可能になると考えることはリスクが高いと思います。

いちいち日本語に訳しているようでは使えない

英語はツールだという発言もよく耳にします。しかし、英語をツールと言っている人も、日本語をたかが言葉であり、ツールだと言ってのける人は少ないのではないかと思います。これは、いかにも明治時代の和魂洋才的な思考と言えますが、この翻訳的な発想では、英語は使えるようになりません。英語の文章や会話を理解するときに日本語に訳しているようでは、グローバル社会の現場では使いものになりません。

これは理解のスピードの問題ではなく、そもそも日本語と英語とでは、それぞれにない概念が存在し、言葉の抽象度も異なるので、翻訳の発想で日本語を介在させることは、むしろ有害なのです。

実は外国語の習得とは、単なるコミュニケーションツールの獲得ではなく、もう一つの思考形態の獲得に他ならないのです。言語は思考形態を規定するからです。多くの場合、主語の「私」を使わない日本語と、主語である「I」を必ず使う英語、「~ではないと思う」という直接の否定形を使わない日本語と「do not think~」という直接の否定形を使う英語という、このような日常的な違いから、思考の組み立ては異なっているのです。

西欧的論理思考とは、一般的には「デカルトの三原則」といわれる「把握」「分析」「(再)統合」と、その基礎となる「分類の三原則」といわれる思考を指します。

この「分類の三原則」とは何か? 1つ目は「全体性の原則(存在するすべてのものが一つの秩序のなかに完全に統括され、外部に何も残らず、漏れのないようにすること)」です。2つ目は、「排他性の原則(その秩序のなかで、互いに重複して分類されるものがないこと)」。最後は、「非超越性の原則(分類の基礎が同じ「階」=抽象レベルにあり、「階」を超えた分類基準が存在しないこと。例を挙げれば、ネコとイヌはよいが、ネコとチワワはNG)」のことを指していると考えてよいと思います。

英語を学ぶことは、日本的な思考から離れること

残念ながら、このような個のレベルでの一貫性を担保するために境界を拡大していく西欧的論理志向の原則に対し、相互協調的自己構造と、際限なく細分化を行う「内向きな」思考傾向を有し、概念定義が曖昧で抽象概念への感度が低い日本語を母語とする日本人は、うまくフィットすると言えないのが現状です。

とりわけ日本人が弱いのは、欧米人には当たり前の「非超越性の原則」です。これは、抽象度の低い日本語に起因し、日本人の思考形態に埋め込まれた特性であると思われるので、特に意識することが必要です。

そもそも、日本人の英語が上達しない根本的な原因は、完璧主義や内気ではなく、「伝えるべき意見や主張を持たない」ことであることを自覚する必要があります。伝えるべき意見がなければ、苦労しても英語がうまくなりたいとは思いません。

この意味で、英語を第2の思考形態として獲得し、日本語を外して考えることができるようになることが、この欧米的論理思考を身につける近道であると思います。これは、日本的思考の相対化を可能とし、想像力を高め、日本的思考の限界も認識させてくれるはずです。英語を単なるツールと捉えていては、これはできません。もったいない限りです。

カタカナ英語を使ってはいけない

英語を習得するにあたっては、以下の3つのことをまず実践してほしいと思います。

1.「カタカナ英語」は使わない

カタカナは、意味がわからなくても使えるので便利です。その利便性によるのか、昨今の日本社会ではカタカナの氾濫が止まりません。「コンプライアンス(compliance)」や「ガバナンス(governance)」など枚挙にいとまがありません。

また、ある英語の単語を本来の意味でない使い方をしてしまって誤解を与えるという問題もあります。例えば、「ナイーブ(naive)」は日本語では「純真な」という良い意味で使われますが、英語では「幼稚な」といった悪い意味で使われます。

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  8. 8

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。