記事
  • S-MAX

持ちにくくない?片手操作はしやすい?ポケットには入る?ソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia 1」の超縦長ボディーを考える【レビュー】

1/2
ゼロから始めるスマートフォン

日本では6月14日にNTTドコモおよびau、SoftBankから発売されたソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。

ここ数年ですっかり定着した縦長画面をさらに伸ばした超縦長画面「シネマワイドディスプレイ」やトリプルリアカメラを搭載し、ソニーの映画撮影用デジタルビデオカメラ「CineAlta」の開発チームが監修した「Cinema Pro」や「Creator Mode」などを搭載するなど、他社の製品と比べても魅力のある製品に仕上がっています。

前回、NTTドコモ版の「Xperia 1 SO-03L」を購入したので、開封して本体の外観と同梱物のチェックをしましたが、今回は超縦長画面の細長ボディーの持ちやすさとか扱いやすさとかについて感想をお伝えしたいと思います。

【持ちやすさ】

前回の開封レビューでも書きましたが、Xperia 1の本体はすべてのエッジに丸みが持たされていて、しかも背面はガラス素材で程よい抵抗があるので、基本的には手によくフィットする持ちやすいスマホだと思います。


平たくなったが尖っている箇所はない

【片手操作のしやすさ】

ずばり、片手操作は“しにくい”です。片手操作のしやすさに重きをおいてスマホを選ぶ場合、Xperia 1は候補から外すべきだと思います。本体も画面も縦に長すぎるんですね。

そのために「画面の上の方まで指が届かない」というありきたりなことに加えて、「頭(本体上部)が後ろにもたれやすい」というのがあり、これが結構致命的だと思います。

向こう側へ倒れてしまうのではと不安になりますし、そうならないように角度調整するのも面倒です。向こう側へ倒れないように調整すると通常よりも画面が立った状態(地面と垂直に近い状態)にせざるを得ないのですが、僕の持ち方だと小指への負担がすごく大きくなって早々に片手操作をしていられなくなります。


縦長だから頭が向こうへ行きがち

もちろん、根本的に大画面だというのもあるとは思いますので、大画面スマホではありがちですが、持ちやすい割には片手操作はしにくいです。横幅や重さは以前と変わらないのだけど、縦長になっただけで片手操作のしやすさは大きく低下するのを実感しています。

重量バランスは十分に調整されているものの、さすがにこの縦長だとスマホを支えるために小指が痛い

特に本体を支えるために力をいつも以上に入れているようで小指が痛い……。他にも横画面にしたときに持ちづらいと感じます。重心が片側へ大きく傾くので片手ではホールドしきれないんですよ。カメラ撮影時とか横画面での動画視聴時に難儀します。


横画面のXperia 1を片手で持ち続けるのは辛い

【両手操作のしやすさ】

基本的には持ちやすいフォルムなんですよ。ですから両手操作なら別段問題は生じず、快適に操作できます。Xperia 1は両手持ち、両手操作が基本だと思いますね。


持ちやすいのでもう片方の手で操作するのは問題なし


両手で持てば安定して操作しやすい

あわせて読みたい

「Xperia」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  6. 6

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  7. 7

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  8. 8

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。