記事

「老後2000万円」報告書は、全く正しい - 塚崎公義 (久留米大学商学部教授)

「老後2000万円」報告書には、当然のことしか書いていない

(ZUMA Press/アフロ)

金融審議会市場ワーキング・グループが「高齢社会における資産形成・管理」 という報告書を作成したところ、批判が殺到し、事実上の撤回に追い込まれたようです。

しかし、年金や老後資金に詳しい人々の間では「この報告書には当然のことしか書いてない」ということで、一体何が批判されているのかわからない、ということになっています。

筆者も、これまで老後資金に関する原稿を数多く執筆していますが、おおむね報告書と同様のことを書いてきており、特に違和感なく読みました。

「現状整理」の内容は、高齢化が進んでいること、高齢夫婦無職世帯の平均的な姿で見ると毎月の赤字額が5万円であること、5万円の不足が30年で2000万円になること、65歳夫婦は平均2252万円の金融資産を持っていること、日本人高齢者は元気で働いている人が多いこと、老後のお金に不安を感じている人は多いけれども投資を行なっている人は少ないこと、などです。

「基本的な視点及び考え方」の内容は、長寿化に伴って資産寿命を伸ばすことが必要であること、ライフスタイル等の多様化により個々人のニーズは様々であるため、公的年金の受給に加えて個々人が状況に応じて長く働く、支出を見直す、資産を運用する、といった自助努力も必要であること、などです。

その上で「考えられる対応」として、個々人が資産形成・管理で持つべき心構え(自分にふさわしいマネープランを検討すべきこと、等々)、金融サービスのあり方の改善(顧客本位の業務運営等々)が必要であること、資産形成制度の充実(NISAの恒久化等々)が必要であること、などとなっています。

年金だけで老後は十分だと思っている人はいますか?

無職世帯の収入のほとんどは年金でしょう。年金だけで老後の生活に十分だと思っている人はいるでしょうか? そういう人は「毎月5万円足りない」と聞いて驚いたかも知れませんが、普通の人は驚かないと思います。

もしかすると、毎月5万円強の不足が30年で2000万円になるという計算をしたことがないので、2000万円という数字の大きさに驚いただけかもしれませんね。

むしろ、世の中には「老後資金は1億円必要ですが、大丈夫ですか?」といった不安を煽る文章が出回っているので、「自分で用意する老後資金は2000万円で良いのだ」と安心した人が多いと筆者は思っていたのですが。

報告書が唯一間違えていたのは、発表のタイミングかも知れません(笑)。参議院選挙の後に発表されていたら、それほど話題にされなかったと思います。

批判好きの人々は何か言ったはずですが、その場合でも「当たり前のことが書いてあるだけで、面白くない」といった批判をしていたかもしれませんね。

年金で足りない主因は平均寿命が伸びたから

年金の制度は、現役世代から集めた年金保険料を高齢者に支給する「賦課方式」となっています。これは、インフレが来た時に現役世代の給料が上がり、年金保険料を上げることができ、高齢者に支給する年金額を増やすことができるので、合理的な仕組みだと言えるでしょう。

しかし、少子高齢化には弱いのです。年金保険料を支払う現役世代の人数が減り、年金を受け取る高齢者が多くなれば、年金財政が持たないのは当然のことです。

そこで、少子高齢化の影響を緩和するために、筆者は「70歳まで働いて70歳まで年金保険料を払い、70歳から年金を受け取る方式」を提唱しています。70歳まで働けば、少子化による現役世代人数の減少が補えますから。

今でも、自主的に年金の受取開始年齢を70歳まで待つことができます。待つと、毎回の年金支給額が42%増えますから、年金だけで暮らせる計算になるわけです。

筆者としては、元気な高齢者は70歳まで働いて、70歳から年金を受け取れば良いと考えています。

「70歳まで働くなんて嫌だ」という人は、政府の年金制度改悪(あるいは年金支給額削減等々)を恨むのではなく、平均寿命が伸びてしまったこと、自分が長生きできてしまうことを恨むべきです。

高度成長期の「金の卵」たちは、15歳から55歳まで40年働きました。当時の平均寿命の半分以上です。それなら、人生100年時代の人々は、20歳から70歳まで働くのが当然だ、と筆者は思います。

個々人の人生を考えても、人生の半分は働いて稼ぐ必要がありますし、日本経済を考えても、国民の半分くらいは働いていてもらわないと困りますから。

そもそも26万円「必要」なのか

最後は、「5万円足りない」というのは本当なのか、というチョッと理屈っぽい話です。

報告書によれば、平均的な高齢夫婦無職世帯は支出が26万円強で、収入が21万円弱なので、毎月5万円強の資産取り崩しを行なっているようです。しかし、これは5万円不足しているということではないかもしれません。

もしかすると、老後に必要な生活費は21万円なのかもしれません。したがって、年金だけで暮らせるのだけれども、現役時代の蓄えがあるので、それを少しずつ取り崩しながら「ささやかな贅沢」をエンジョイしているのかもしれません。

仮に年金が26万円に増額されたとします。人々は26万円で生活するのでしょうか。それとも現役時代の蓄えを取り崩しながら毎月31万円の贅沢生活を楽しむのでしょうか。その場合、やはり「老後の生活資金は年金だけでは5万円足りない」ということになるのでしょうか。

「我唯足るを知る」という言葉を思い出しましょう。足りないと思えば足りませんが、足りていると思えば、何とかなるのです。老後の生活も現役世代の生活も。

もちろん、諸般の事情で働けない人、働いても生活費が本当に足りない人もいるでしょうし、そういう人のために生活保護等々の制度があるわけですが、普通の人は大丈夫だ、という話です。あしからず。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  4. 4

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。