記事

国民民主党の若手の皆さんに奮起を促す

れいわ新選組の山本太郎氏に任せるのではなく、皆さんこそが先頭に立つべきだろうと思っている。

衆参同日選挙はなくなった、と言われているが、衆議院の解散はいずれはある。
早いか遅いかの違いはあるが、いずれ衆議院議員総選挙が行われるのは必至だから、これに備えるのは当然だ。

候補者未定の空白区が多いと聞いている。
国民民主党の玉木代表は勝てる候補の擁立を進めたいと述べているが、私から言わせるとこれはちょっと拙い。

勝てるかどうかはとりあえずさておいて、まずは国政を担うにふさわしい候補者を発掘することを優先すべきで、勝てるかどうかを考えてしまうと、今の政治状況では国民民主党の看板を背負って小選挙区選挙で勝てる候補者など殆どいない、ということになってしまうだろうから、結局は無為に時間を過ごしてしまうことになる。

支持率1パーセント未満と言われている今の状況で、国民民主党が勝てる候補者を擁立するなどと言っていたのでは、いつまでも準備不足、戦闘態勢を取れないままに終わってしまう。
自分たちに大義があると信じるのであれば、大義実現のために戦う同志を募るのが当然ではないだろうか。

玉木さんはいい人だが、まだ強さに欠けているところがある。
選挙を戦うために小沢一郎氏を国民民主党に迎え入れているが、私が見ている限りでは大して役に立ちそうにない。

小沢一郎氏には大方の国民の心に訴えかけるだけの力が不足しているのではないか。
小沢一郎氏が街頭に出て聴衆の心を鷲掴みするような力を有していれば、国民民主党の支持率は上向いたはずだが、最近の世論調査では自由党との合併が何らかのプラス要因になったという兆候は出ていない。

むしろ、小沢一郎氏と別れてれいわ新選組を立ち上げた山本太郎氏が若い人たちの心を掴み始めている、というデーターも出ているようだから皮肉なものである。

今のままでは国民民主党は埋没し、維新が国民民主党にとって代わる可能性が高い。
それを良しとするのであれば、何もしなくてもいいだろうが、国民民主党の若い方々はそれでいいのだろうか。

旗を掲げるべし、というのが私の考えである。

動くのなら早い方がいい。
若い方々が動き始めれば、あちらこちらで声を上げる同志が現れてくるような予感がしている。

玉木さんや小沢一郎氏が今の時点でそういう動きを歓迎するかどうかは分からないが、結果さえ出せれば何の問題もないはずである。

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの躍進で連合は無力化か

    田中龍作

  2. 2

    TENGA社員 女性の自慰行為は普通

    AbemaTIMES

  3. 3

    YOSHIKIスカーフ騒動 英で笑いに

    小林恭子

  4. 4

    米大統領 日韓対立の解消支援へ

    ロイター

  5. 5

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  6. 6

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

  7. 7

    米国も懸念示す韓国の北朝鮮支援

    PRESIDENT Online

  8. 8

    「アベやめろ」は単なる選挙妨害

    かさこ

  9. 9

    宮迫博之を干す世論のいじめ行為

    岩田健太郎

  10. 10

    内田樹氏 日本人は対米従属に

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。