記事

文春は裁判で負けるから記事で叩けか?

改めて文春の記事について述べると、恣意的に私を攻撃するための記事であると言える。

党の顧問弁護士、私の顧問弁護士、そして外部の弁護士にも法的に問題がないか確認をし、「公職選挙法上の選挙運動には該当しない」と、弁護士から文春に通告している。

実は、私に対する名誉棄損について文春に昨年警告書を発したが、支離滅裂な回答書が来たため、私は文春を訴え戦っている。

文春は負けると考えたのか、第1回の裁判期日に出廷せず、その間、加藤晃彦編集長が「和田をとにかく攻撃する記事を書け」と命じたと文春関係者から聞いている。

「法的には勝てないから記事で叩け」というのであれば、ジャーナリズム精神にもとるし、出版社としてどうなのか。

徹底的に文春と私は戦うし、文春の記事をもとにSNS上で断定的なことを述べ誹謗中傷している人物や社はすべて記録を取っているので、8月以降順次適切な措置を取りたい。

私は粛々と法的措置を取ってきたので、これまでこうしたことを明らかにしてこなかったが、今回の事態は看過できず、文春と徹底的に戦う。

#文春と戦う

あわせて読みたい

「週刊文春」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。