記事

働き方改革

外務省では各局、各課単位でも働き方改革を進め、それを互いに共有し合っています。
 
例えばいくつかの局課では..
 
「個人のパフオーマンスを上げるためにきちんと休養させる」という考え方のもと、職員が二週間に一度、必ず定時退庁をできるよう班長が取得状況を管理することとした。また、月一回の休暇取得も推進。
 
引き継ぎをしっかりと行うことで休み中の職員への連絡は原則的に禁止。
 
課室内の確認依頼、国会対応の共有などは紙で印刷せず、メールで共有し、作業することを促す。『漏れ』を防ぐために口頭での補足を促進する。
 
定時後や週末の不要不急のメールは抑制する。
 
新入省員や新たに配属された職員への業務説明を丁寧に行い、ミッションを共有する。新入省員の担当する業務についても班全体で把握し、フォローすることによって、一、二年目の職員のみに負担させないようにする。
 
内部の定例会議の記録について、作成をやめたり、作成するとしても局幹部を含め、発言者本人がメモを作成する方式に変更したりした。これにより記録作成作業が不要になったり、作成する場合も所要時間が三分の一から五分の一に短縮されたりした。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  7. 7

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。