記事

天安門事件の真相解明を要求、王丹氏が国連人権委員会に

あれから30年……真相解明の道は遠い

 中国の民主化運動指導者で、人権活動家の王丹氏は6月下旬、20人の中国の人権活動家らとともに、ジュネーブで行われた「天安門事件30周年ジュネーブセッション」に出席。この場で、「国連人権委員会は2006年以来、天安門事件に関する中国非難決議を採択していない」などと主張し、同委に対して、天安門事件の死者数などの真相究明を強く求めた。

 6月4日は天安門事件30周年で、日本や欧米のメディアは大きく事件そのものを取り上げたが、今回の王丹氏らの要求は一部外国メディアが報じただけで、日本のメディアはほとんどとり上げていない。ロイター通信が報じた。王氏は席上、国連人権委に対する要求をこう述べた。

「中国政府は30年前の1989年6月、軍を導入して、平和的なデモ参加者を虐殺し、多くの市民や学生の人権を侵害し、根本的な自由を奪い去った。この実態について、国連人権委は徹底的な調査を行い、その真相を明らかにすべきである」

 また、王丹氏は「中国政府は天安門事件をタブー視し、かつての民主化指導者や人権活動家、弁護士らを拘束、投獄するなど、現在に至るまで人権弾圧を継続している。個々の実態も併せて調査し、公表すべきだ」と主張している。

 一方、王丹氏は国連人権委が天安門事件などの中国政府の人権弾圧の実態を調査しないことについて、中国の多くの発展途上国に莫大な経済支援を行っており、それらも国々からの支持を受けていると指摘。そのうえで、「47カ国で構成している人権委は中国に対して機能していない」と強く非難した。

 中国情勢に詳しく、天安門事件当時、1989年4月から7月まで3カ月間、北京で民主化要求運動を取材した経験のあるジャーナリスト、相馬勝氏は次のように指摘している。

「今年は天安門事件から30年ということもあって、多くのメディアが来日した王丹氏らを当時の民主化運動指導者をとり上げたが、それから1カ月もたたない6月下旬のジュネーブセッションをとり上げた日本のメディアは皆無。天安門事件30年といっても、一過性のイベントと同じような扱いといえる。まさに、天安門事件はすでに人々の記憶から薄れつつあるという実態を表しているようだ」

あわせて読みたい

「天安門」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  9. 9

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。