記事

日本企業が韓国エリートを積極採用する訳

1/2

お隣の国、韓国は長らく不況が続く。学歴社会で勝ち抜いてもなかなか、理想の職にありつけない。一方、日本は空前の人手不足。そんな職にあぶれた韓国エリートを日本の大企業が青田買いしている。日韓両国の現状を取材した――。

■世界で最も高学歴な貧困者が多い国・韓国

1997年のIMF通貨危機を境に韓国経済が斜陽となり、若年層の失業問題は長年韓国社会を悩ませてきた。

撮影=安宿緑

少なくとも2000年から現在に至っても改善の兆しはなく、17年2月には青年失業率(15~29歳)が過去最悪の12.3%を記録。一方で、激しい受験戦争でも知られる韓国は、韓国統計庁によると、05年の82.1%をピークに大学進学率が70%台で推移し、高学歴者が国民の8割近くを占める。

ただ、大企業と中小企業の賃金格差が激しく、ほんの数%に満たない大企業に入ることができなければ年収200万~300万円台の中小企業で働くか、アルバイトに甘んじるしか道がない。

アルバイトもムン・ジェイン政権が最低賃金を18年の7530ウォン(約742円)から19年は8350ウォン(約823円)に大幅に引き上げ、競争率が激化。ますます職にあぶれる若者が増えたとされる。

まさに世界一、高学歴貧困者が多いといえる韓国の実情に迫った。

■就職活動で鼻を美容整形したが、いまだ“成果”出ず

地方都市出身でソウルの小売会社に勤めるソ・テギョンさん(仮名・30歳)は、韓国では中の上程度の大学を卒業するも就活は全敗。高卒枠で大手スーパーマーケットにようやく拾われ、月に120万ウォン(約11万8300円)を得るのがやっとだった。今の会社に入れたのは、政府が若年層雇用促進のため打ち出した「青年追加雇用奨励金」制度を受けて入社した。満15~34歳までの青年を正社員として雇用した企業に対し、政府が企業規模に応じて採用者1人につき最大2000万ウォン(約197万2000円)負担する制度だ。支給されるには3年間在職する必要があり、企業側にとっても低賃金で労働力を繋ぎ留めておけるため好都合である。

現在の月収は、交通費込みで手取り140万ウォン(約13万8000円)。家賃は弟と折半しているが、どんなに節約してもほとんど残らない。あと数カ月で支給される奨励金が当面の頼みの綱だ。

「それでも、この会社にいる限り昇給は望めません。僕は弟と一緒だからソウルに暮らせていますが、単身で上京している人たちは悲惨。地方にたいした仕事がないから否応なくそうなりますが、職を探すまでは極貧生活。一日にカップラーメン一食だけという人もいます」

韓国の忠清道にある高校から、ソウルの大学に入学するため上京したユン・エリさん(仮名・26歳)もその1人。「故郷に帰っても、農業や観光業で細々と暮らす未来しか想像できません」という。大学ではTOEIC800点と難易度の高いIT系の資格を複数取得したが、就活には何の効力もなかった。

(左)韓国の駅に掲げられる「将兵よ! 職(JOB)を摑め」と書かれた看板。(右)街には、疲れ果てた若者の姿が多い。

「エントリーシートはもう400枚書きました。それに、たとえば国内業務しかないリフォーム会社でもTOEICの点数が高くないと早い段階で落とされる。ただただ疲弊する毎日です」

就職活動とアルバイトを掛け持ちし、週4回働いて月に80万ウォン(約7万9000円)。「もう何カ月も、食パンとキムチと水しか摂っていません。もしこの先も就職できなかったら、と思うとゾッとしますね」と話す。

同じく韓国で学力レベルが上位10校に入る大学を卒業し、アルバイトをしながらデザイナーを目指すコ・ヒョナさん(仮名・26歳)は、就職のために鼻を美容整形した。注射器でフィラーと呼ばれる半固形の物質を入れて鼻筋を通す施術で、約半年で元の顔に戻る。

「就活生はほとんど横並びのスペックなので、強力なコネでもない限り就職は本当に難しい。だから、少しでも面接官の印象に残るようにするんです」

整形の“成果”はまだ出ていない。

■300社に応募し内定勝ち取るが、数日で辞める

30歳のチョン・ドヨンさん(仮名)は、エントリーシートを300枚書き、ようやく採用された病院の事務の仕事を数日で辞めた。

「事務で入ったのに、3D画像を作れと言うんです。できないものはできない。だから辞めた」

その後、殊勝にも就業学院で30万ウォン(約2万9600円)の3D制作コースを履修中という。そうやってつまずくたびに就業学院でスキルを身に付け、より良い職を求める。いつ終わるかわからない旅路だ。

「韓国の中小企業では、意味のない業務もやらされる。放送局に入った知人は、番組制作ではなく1年間コピーや配達をさせられたと言っていました。日本人は下積みとして受け入れるのかもしれないけど、今の若い韓国人には理解できないと思いますね。堪え性がないといえば、そうかもしれないけど……。大卒者という自意識が強すぎて、そうなる人もいるのかも」

中小企業は、募集要項と実態が違うことも多い。採用後、募集時に言っていた年俸を大幅に下げるといった例もあり、若者に避けられる原因にもなっている。

一方、就活戦争を勝ち抜いたエリートにもそれなりに悩みがある。

■英語と中国語を含む4カ国語が堪能なエリートの悩み

韓国でも指折りの食品系大企業に勤めるウォン・ソンジェさん(仮名・38歳)は、英語と中国語を含む4カ国語が堪能で、日本語も中級程度。韓国で上位3校に入る一流大学を2度留年したが、語学力や保有資格の多様さ、課外活動が評価され入社に至った。エントリーシートを50枚出し、そのうち採用に至ったのは大企業を含め5社とかなりの打率だ。高スペック人材の偏りを示す事例ともいえる。しかし、業務内容が思っていたより地味だったことにウォンさんは不満を漏らす。

食品系大企業に勤めるウォン・ソンジェさん(右)と受験戦争で燃え尽きた無職のパク・チャンホさん(左)。それぞれ悩みを抱える。

「食品業界は保守的で、他業種との接点もなく、1度売れた商品がずっと売れ続けるだけにイノベーションがあまりないんです。現在勤続8年目で、抜け出せなくなる前に転職したいのですが、僕の年齢では厳しい。半ば諦めています」

受験戦争で燃え尽きるケースもある。パク・チャンホさん(仮名・25歳)は卒業生に国際機関のトップも輩出する名門校を卒業。一時期ほどではないが、就職しやすさは国内でも指折りで、船舶関連企業で一定年数働けば兵役も免除されるという破格の扱いだ。

だが、パクさんはそのすべてを捨て、若くして一日6万~8万ウォン(約5900~7900円)の日雇い労働者となった。いずれ日本でも働きたいという。

「父は僕が名門大学に通っていることが自慢だったので、すっかり呆れています。実家暮らしですが、もちろん親にお金を渡していますし、僕が母や姉から小遣いをもらうこともあります」

それでも高校時代の成績はつねにトップだった。

「狂ったように勉強しました。志望校への合格しか眼中になかった」

■「肩身は狭いけど、奴隷のように生きるよりマシ」

地方の全寮制進学校で、毎朝6時に登校し、授業が始まるまで自習。放課後も深夜まで居残り勉強をする日々。休み時間は眠気覚ましのため鉄棒にぶら下がり、授業中は2冊のノートを開き「右手で授業の内容を、左手では英単語を書き取っていた」と言う。努力が実りめでたく合格するも、同時に学業への意欲は消えてしまったという。

「吹っ切れたのは、最終学年での船舶実習で暗く狭い部屋で数カ月も過ごしたときです。もう、抑圧にもほどがあるんじゃないかって」

すでに就職していたり、就業準備に追われる同級生からは、当然ながら異端児として扱われているパクさん。だが、彼は微笑みながらこのように話す。

「確かに肩身は狭いけど、奴隷のように生きるよりマシ。いざとなったら、同級生が職を斡旋してくれると思うしね。僕の座右の銘は『人事を尽くして天命を待つ』。自分に正しく生きていれば、明日はきっと良くなります」

強烈な同調圧力をすり抜けるパクさんのようなしたたかさが、韓国社会に風穴を開ける日が来るだろうか。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  3. 3

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  6. 6

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  7. 7

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  8. 8

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  9. 9

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  10. 10

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。