記事

NBA入りの八村塁が『即戦力の日本人』として評価される理由 - 新田日明 (スポーツライター)

ヘッドコーチらと会見に臨んだ八村選手(AP/AFLO)

夢を叶えた。今年の米プロバスケットボールリーグNBAドラフト会議で八村塁選手が、あの「神様」マイケル・ジョーダン氏もかつて在籍したワシントン・ウィザーズから1巡目全体9位指名を受けた。日本人として初めてとなるNBAドラフト1巡目指名は想像を絶する快挙と言っても過言ではない。

全30チームでされる構成されるNBAのドラフトは1989年から2巡目までとなり、指名は60選手に限られる。同じく米四大スポーツのメジャーリーグ(MLB)では今年のドラフトで1217選手が指名された。それと比較すればNBAドラフトが狭き門であるかが分かる。しかも八村は1巡目だ。

現地時間の6月20日に行われたNBAドラフトの会場では上位指名が予想される選手だけが陣取る「グリーンルーム」に座り、吉報を待った。指名された瞬間、会場から大きな歓声が上がると八村は天を指差すポーズを決め、壇上で流暢な英語を駆使しながら堂々のスピーチ。早くもスーパースターの片鱗を見せつけた。

ここまでの経歴でも文句のつけようはない。全米大学体育協会(NCAA)1部の名門ゴンザガ大でジュニア(3年)に進んだ昨季からエースとなり、全米大学選手権(NCAAトーナメント)8強入りに貢献。

日本代表としても驚異的な活躍でチームを13年ぶりのワールドカップ(W杯)出場へと導いている。昨年のW杯アジア地区1次予選で開幕4連敗を喫した代表チームに緊急召集されると、当時の世界ランキング10位・オーストラリア戦で24得点を挙げてチームに歴史的勝利をもたらし、息を吹き返させたのは記憶に新しい。

今年3月に日本代表は2020年東京五輪出場も決めた。日本代表にとって44年ぶりとなる五輪出場の道筋を作ったのは間違いなく、この21歳の若き日本人である。 

その日本人の彼が今、こうして平均年俸7億円といわれるNBAの世界へ入る「アメリカンドリーム」を成し得たのだ。NBAでは過去にドラフト1巡目指名のルーキーが1年目から年俸700万ドルを超えた例もレアケースではなく、八村にもその期待値は高まるばかりである。

ウィザースには前記したジョーダン氏だけでなく、今もスター選手が在籍している。これまでオールスターゲームに5度選出された経歴を誇る人気選手のジョン・ウォールはその筆頭だ。司令塔PGとしてチームの中心的存在だが、現在は手術を受けた左かかと部分のリハビリと別部位の故障が重なって長期離脱中。

昨季キャリア・ハイの働きを見せた看板選手で生え抜きSGのブラッドリー・ビールも在籍しているが、チーム若返りを図るためロサンゼルス・レイカーズへトレード放出されるのではないかとのウワサも飛び交う。

来季のウィザースは2人のスター選手の動向もしくは去就が不透明になっていることもあり、即戦力と目されるスター候補の八村をルーキーシーズンからNBAデビューさせて抜擢し、チームに新風を吹き込む存在として白羽の矢を立てる可能性がかなり高いとみられる。

実際に米スポーツ専門局「ESPN」など複数の現地有力メディアも、八村がルーキーシーズンからウィザースで即戦力として相応の活躍を残すと予想しているほどだ。

これに付随して言えば、八村のストロングポイントは名門のゴンザガ大でエースとなった身体能力の面だけではない。自らの努力によって、その才能を突き破るほどに開花させていった流れもNBA関係者からの評価につながった重要なところだ。

ウィザースではないが、ドラフトの前に八村の評価ポイントについて同じイースタン・カンファレンスのチーム関係者が次のように筆者に解説してくれたことがあった。

「彼はもともと大学に入った直後は即戦力と見なされておらず、将来性重視のレッドシャツ(登録外選手)となる方向性だった。しかしながら、それに満足せず1年目から『試合に出て結果を残す』ことに重点を置き、人並みはずれた練習量でプレーの質を上げ、さらにその類まれなコミュニケーション能力で入学時にはいまひとつだった英語のスキルも急速にアップさせ、周囲の信頼をつかみ取った。控え選手から2年目にはチームの最強シックスマンにまでのし上がり、3年目の今はスターティングファイブに入ったどころかチームのエースに君臨している。他の誰よりも非常に速いペースでアジャスト(順応)する能力を秘めていると思う」

ゴンザガ大のマーク・ヒューHC(ヘッドコーチ)が八村について「ルイはここに来たとき、子猫だったが今はタイガーだ」と語ったことも、うなずける。これだけ、NBA関係者からも絶大な評価を受けている八村はやはり本物だろう。

常に謙虚な姿勢をキープできる日本人の精神を有している

ちなみに、この前出のチーム関係者は八村が西アフリカのベナン出身の父と日本人の母の血を継ぐハーフである出生にも触れ、最後にこうも言い放っていた。

「日本ではルイ・ハチムラのことを一部の心ない人たちがネット上などで『純粋な日本人ではないから』などと言い合っていると聞いた。クレイジーな指摘だ。このような恥ずべき話を聞くと、残念ながら日本は排他的な考えを持つ人が多いと感じざるを得ない。彼の中であらゆる環境にアジャストする能力が高いのは、常に謙虚な姿勢をキープできる日本人の精神を有していることも大きいと思う。我々の観点から見れば、彼ほど日本人らしい日本人はいない。生まれも育ちも日本で日本国籍を持つ彼が最高峰のNBAからドラフトで歓迎されながら迎え入れられることを、日本人の人たちは誇りに思うべきだ」

確かに、そうだ。ヒーローになった八村についてネット上で「ハーフだから」とねじ曲がった指摘をしている人たちこそ、日本人の本質や定義についてロクに知りもしない非国民だと思う。まあ、こういう寂しい人たちは相手にしないほうが懸命のようだ。NBAの歴史に名を残した日本人初のドラフト指名プレーヤー・八村の飛躍に注目したい。

あわせて読みたい

「バスケットボール」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  2. 2

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  3. 3

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  4. 4

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  6. 6

    宗男氏「玉木代表は保守政治家」

    鈴木宗男

  7. 7

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  8. 8

    トランプ氏「ハリス議員は性悪」

    WEDGE Infinity

  9. 9

    玉木代表は合流賛成派に耳貸すな

    早川忠孝

  10. 10

    周庭氏過去に「日本留学したい」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。