記事

勝てるはずがない党首討論、その理由を玉木代表が漏らした

 たったいま、この発言を聞いて、これでは野党は今の政局で安倍首相に勝てるはずがないと思った。

 早朝5時半から始まったTBSの上田晋也のサタデージャーナルの冒頭で、玉木雄一郎国民民主党代表が、党首討論の前に質問のすり合わせをしましたかと、若い女性のゲストに聞かれ、あっさりと答えた。

 電話で枝野さんと(この問題は聞きますか)と話したと。

 なんという軽率な発言だろう。
 
 周到な打ち合わせなど、まるでやらなかった事を認めたようなものだ。

 党首が電話で話して終わるようなものではないだろう。

 もし本気で野党が党首討論で安倍首相を追い込む覚悟があるなら、各党が党をあげて鳩首協議し、質問事項を役割分担し、そして限られた時間を効率的に使って安倍首相を追い込むべく準備すべきはずだ。

 しかし、まったくそれをやらなかったのだ。

 よほど枝野立憲民主党と玉木国民民主党の関係が冷え切っているということだ。

 そして玉木氏は解散・衆院選が行われたらどうするかとの問いに対し、これ以上ない正直な答えを国民の前で口走った。

 空白区が多くあると。

 今解散・総選挙をやられたら不戦敗だと。

 こんな発言をするようではおしまいだ。

 当然のことながら、安倍首相はあらゆる調査を使って野党の現状をつかんでいる。

 党首討論が不毛に終わるはずだ。

 今度の選挙が盛り上がらないはずだ。

 政治が全く機能していないということだ。

 参院選が終わっても、国民の政治不信はさらに高まるだろう。

 こんな政党や政治家が本当に必要なのだろうか(了)

あわせて読みたい

「党首討論」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  6. 6

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  7. 7

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  8. 8

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。