記事

反社勢力とゴルフコンペしたプロ「刺青専用の風呂場あった」

吉本芸人が参加した振り込め詐欺グループの忘年会

 カラテカ・入江慎也や雨上がり決死隊・宮迫博之らお笑い芸人の「闇営業」騒動で、芸能界と反社会的勢力との接点がクローズアップされているが、闇営業の存在は、アスリートの世界にもある。

【動画公開】宮迫博之 闇営業で「『アメトーーク!』に招待します」

「プロゴルファーはトーナメントで食えるのは200人程度で、その10数倍のプロゴルファーがレッスンなどで食べているため、高額の謝礼を受け取り、暴力団関係者にレッスンをするプロもいる」(ゴルフツアー関係者)

 プロゴルファーの元には、暴力団のフロント企業や関連会社からコンペのゲスト参加依頼が来ることも珍しくなく、50万円など高額ギャラを受け取り積極的に参加するプロもいるという。

 ゴルフ場は「反社会的勢力お断わり」を打ち出しているが、それは表向きのことだとの指摘がある。あるシニアプロが語る。

「厳密に守っているのは名門ゴルフ場ぐらい。集客に困っている地方のゴルフ場では、黙認するどころか、そもそもフロント企業が買収してオーナーになっていることもある。僕があるフロント企業のコンペに参加した時は、ゴルフ場の会員ロッカーに山口組の最高幹部の名刺が刺さっていた。刺青を入れたプレーヤー専用の風呂場までありました」

 フロント企業が、客の少ない平日や休業日にゴルフ場を借り切って、コンペを主催することもある。

「地方のドン的なプロゴルファーがヤクザから提供されたカネを使って、女子プロを4~5人集めるケースも多い。そしてラウンド後のパーティーでは女子プロにホステス役をさせる。それでも賞金を最低20万円くらい出せば、女子プロからの不平は出ません」(ある中堅プロゴルファー)

 昨年の女子プロは賞金ランク100位で420万円。132位より下は100万円以下。遠征費用などは自腹のため、トップ勢以外は出場するたびに赤字が増えるような生活を送っている。

 副業として“同伴ゴルフ”を行なっているという女子プロがいう。

「同伴者3人が2万円ずつ、計6万円ということが多いかな。そこにチョコレート(賭け)で上積みをしていくんです。プロゴルファーとして生きていくためには、きれいごとなんて言っていられない」

※週刊ポスト2019年6月28日号

あわせて読みたい

「ヤクザ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  2. 2

    緊急事態宣言 段階的解除で調整

    ロイター

  3. 3

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  4. 4

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  5. 5

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  6. 6

    家事両立ムリ? テレワークの弊害

    常見陽平

  7. 7

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  8. 8

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  9. 9

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  10. 10

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。