記事

猫ひろしの事 その後

先日書きました猫ひろしの記事について、非常にやる気の無い記事であったにも関わらずナゼかウェブ論壇BLOGOSのトップ記事になったりしてちょっとビックリしたのは前述の通りなのですが、何だか早くも結論が出てしまった様ですので御一報をば。(敬称略)

↓以下、引用
猫ひろし五輪消滅

昨年10月に国籍を取得したカンボジアでロンドン五輪男子マラソン代表に選ばれたタレント猫ひろし(34)について、国際陸上競技連盟が参加資格を満たしていないと判断し、同国陸連に通達したことが8日、分かった。カンボジア側は決定を受け入れる意向で、猫の五輪出場は消えた。
カンボジア・オリンピック委員会のワット・チョムラーン専務理事は「これ以上は抵抗しない。早急に人選をし、別の選手を派遣する」と述べた。

↑引用終わり

どうやら、カンボジア国籍を取得してまで願った彼のオリンピック出場の夢は露と消えた様ですな。御愁傷様でございます。

良かれと思って動いたカンボジアオリンピック委員会とカンボジア陸連は、国際世論の反発とまさか当の日本からの逆風は予想できなかったみたいですね。彼らはどうにも、猫ひろしをカンボジアのオリンピック代表にしたら日本人に喜ばれるのではないかと思っていた様なフシがありますね。

何しろ、北京オリンピックでカンボジアの代表となったブンティン(猫ひろしよりも良いタイムを記録)を代表から下ろしてまでカンボジアオリンピック委員会が猫ひろしを推す理由がまるで見当たらない事から、最初から『賄賂』を疑われてしまう事になり、それが日本のマスコミでも騒がれる様になり、日本中の世論も反対多数になってしまった、という感じです。
カンボジアサイドは、日本人の多くがこういった怪しいやりとりや不正の臭いがする事に拒絶反応を示す国民であるという事を分からなかったみたいですね。

さて結果がこうなってしまった以上、次なる代表は誰になるかという話になるのですが、どうやらブンティンではなくて別の選手がなってしまう可能性が高い様です。
ブンティンの気持ちも分からないでも無いのですが、必死さが行き過ぎてカンボジアオリンピック委員会やカンボジア陸連の批判をあちこちでやり過ぎまして、特にオリンピック委員会とは絶望的な決別状態になっています。
彼が代表に選ばれる可能性は現時点ではかなり低いかと思われます。

それよりも私が不思議に思っているのは、猫ひろしが昨年10月にカンボジア国籍を取得して『国籍を変更した』と言われていますが、本当に日本の国籍を放棄したのか?(日本は二重国籍を禁じています)という事と、もし日本国籍を放棄しているなら、現在どのような立場で日本で仕事をしているのか?という点です。
この辺をなんで日本のマスコミが突っ込まないのか不思議で仕方ありません
まあ、個人的にはどうでもいい話なのですが。

とりあえずは、多くの人がスッキリする決着になった様で何よりです。

【追記】
二階堂さんの所でも話題に上がっていました。
こちらを御覧下さいませ。

あわせて読みたい

「猫ひろし」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

  2. 2

    宮迫「牛宮城」黒幕を暴いて評価急上昇のオリラジ中田…ひろゆきは「超優秀な詐欺師」と断罪

    SmartFLASH

    01月19日 11:43

  3. 3

    『バイキング』が“トンガ頭痛”と紹介…「差別を助長」と批判殺到

    女性自身

    01月19日 10:08

  4. 4

    世論調査の怪。立憲から剥がれ落ちつつある「野党第一党効果」とは何か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月19日 09:13

  5. 5

    まん延防止重点措置 全く何をやっているの 自分の人気取りのために社会を殺すな

    中村ゆきつぐ

    01月18日 09:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。