記事

HYDEが語る「残された時間」と「最後の挑戦」

1/4

2017年末をもって約9年におよぶ活動を休止させたVAMPS。フロントマンだったHYDEはそのまま歩みを止めることなく、2018年6月に12年ぶりとなるソロ名義のシングル「WHOS GONNA SAVE US」をリリースし、再びソロ活動を本格化させた。HYDEはその後も「AFTER LIGHT」(8月)、「FAKE DIVINE」(10月)、「ZIPANG」(2019年2月)とシングルを連発し、その合間には全33公演にわたる全国ツアーも実施した。

そして2019年3月には通算12作目、昨年のソロ活動再開後5枚目となるニューシングル「MAD QUALIA」をリリースした。このシングルを携えて、3月末からは上海、北京、成都、香港、台北を回るアジアツアーを実施し、5月には13公演におよぶ全米ツアーを敢行。6月から9月にかけては、7都市26公演にわたる国内ツアーも控えている。そして、この国内ツアーに合わせて6月には、ソロ名義としては実に13年ぶりとなる通算4作目のオリジナルアルバム『ANTI』を発表。

国内外の様々なソングライターやプロデューサーとのコラボを経て5枚のシングルを制作してきたHYDEだが、このコライト・スタイルは続くニューアルバムでも導入されている。海外では主流になりつつあるこのスタイルはどういった経緯で取り入れることになったのか。また、最近のインタビューで「あと3年でどこまで行けるか」など海外展開に関するタイムリミットについての発言の真意はどこにあるのか。このインタビューではVAMPS活動休止が決まりソロ活動に取り掛かったときの心境からシングル「MAD QUALIA」のテーマ、ニューアルバムの内容、海外展開に対する展望など、ここ1年半にわたる”ソロアーティスト・HYDE”の活動についてじっくり振り返ってもらった。

今はあまりのんびりしていられない


ー昨年6月の「WHOS GONNA SAVE US」から「MAD QUALIA」まで、シングルが5枚も続くとは思いもしませんでした。この構想は最初からイメージしていたものだったんですか?

HYDE いや、最初はVAMPSが活動休止になって、ツアーをやるために会場だけはブッキングしていたので「これはどうしたものかな?」と一旦全部キャンセルしたんですけど、「いや待てよ? 今やらないで2019年からスタートさせると、1年無駄になるな」と思って何としてもやりたいと思って急遽曲だけを集めたんです。でも曲を集めるのが精一杯で、そのなかで録れたのがシングル分ぐらい。そのときにこの構想を思いついたんです。「なぜアルバムに向けてシングルを2枚にしないといけないんだろう?」という発想から、シングルはアルバムのプロモーションの一環と考えたら別に何枚でもいいんじゃないの? だったら5枚ぐらい出そうか?って考えたのが最初ですね。

ソロ活動を再開させた頃のインタビューで、HYDEさんはVAMPS活動休止が決まった際、最初は休もうと考えていたそうですね。でも「1年無駄になる」と思ったのは、音楽に対する貪欲な気持ちが勝ったということなんでしょうか?

HYDE 貪欲とは違うんですけど、自分にタイムリミットがあると思っていて、逆算していくと今はあまりのんびりしていられないなと。今は波にも乗っていないのに休憩している場合じゃないと思ったんですね。

ーそのタイムリミットというのは、これから海外で下地を作っていくうえでの、ということですか?

HYDE それもそうですが、今はロックバンドとして激しい音楽を求めているので、これがいつまで許されるのかなというのも正直あるので、そういった意味でもタイムリミットを意識して、常に逆算して生きています。

ーなるほど。だからまず曲を集めて、アルバムは後付けで考えて録れるものから録ろうと。それにしても、1年も満たない期間にシングル5枚というのは、これまでの活動でもレアなケースですよね。一方で、海外ではシングルという形態自体消えつつありますが。

HYDE  配信だと線引きが難しいですよね。

ー配信が主流になったおかげで、アルバム曲がそのままチャートインするような状況です。 HYDEさんはパッケージとしてのシングルに対して、どのような思いを持っていますか?

HYDE まあ、名刺代わりですよね。推し曲としてのシングルは存在しているし、日本ではまだまだ主流だと思うので。ミュージックビデオも作るし、そういう意味でも宣伝のために出すという感じですね。

ー宣伝というのはHYDEさんご自身の活動に対してであり、この先のアルバムのためでもあると。

HYDE うん、両方ですね。僕はHYDEという名前自体がまだまだ知られてないと思っていて。日本ではもちろんLArc~en~Cielの存在を通してご存知の方が多いでしょうけど、海外ではまだ活動を始めたばかりなので、そのための宣伝材料を作っている感じです。

ーでは、シングルをリリースする順番というのも、HYDEさんの中で戦略的なものがあったんでしょうか?

HYDE なんとなくですね。「WHOS GONNA SAVE US」は最初の時点で完成していたので、最初に出したいなと。その後に「AFTER LIGHT」を出してというところまでは決まっていて、以降は「この曲どうだろう?」とかいろいろ相談しながら作っていきました。

あわせて読みたい

「音楽」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  5. 5

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  6. 6

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  7. 7

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。