記事

【読書感想】ゲームの企画書(2) 小説にも映画にも不可能な体験

1/2

ゲームの企画書(2) 小説にも映画にも不可能な体験 (角川新書)
作者: 電ファミニコゲーマー編集部
出版社/メーカー: KADOKAWA
発売日: 2019/04/10
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

ゲームの企画書(2) 小説にも映画にも不可能な体験 (角川新書)
作者: 電ファミニコゲーマー編集部
出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
発売日: 2019/04/10
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
賢者は歴史に学ぶ――全クリエイターに捧ぐヒット企画の開発秘話第2弾

ゲームを作る人々の証言や活動の記録を残していきたい。それもできるだけ、躍動感あるクリエイターたちの奮戦の物語として、多くの読者に読まれるものとして──。 「ゲームの企画書」は、そんな想いから始まった連載シリーズ。第2弾では、コンピュータ文化黎明期のアルゴリズムから現代のVRに至るまで、新技術を取り入れながら、小説とも映画とも異なる新しい体験を企画してきたゲームに迫る。第1章『バーチャファイター』とゲームの操作性(鈴木裕×原田勝弘)/第2章『ダビスタ』の予想もつかないアルゴリズム(薗部博之×田谷正夫×一之瀬剛×森本茂樹)/第3章VRで感覚を統合する『Rez』(水口哲也×清水亮)

 歴史をつくったゲームクリエイターたちへの濃密なインタビューの第2集。

 ゲームの企画書(1)の感想はこちらです(『桃太郎電鉄』の話は本当に面白かった)。

fujipon.hatenadiary.com

 この(2)では、セガの鈴木裕さん(『バーチャファイター』『アウトラン』)、水口哲也さん(『Rez』)、『ダービースタリオン』シリーズの薗部博之さんが登場します。

 この3人のインタビューが一冊の本にまとめられているのは、彼らが「コンピュータゲームとはこういうものだ」という先入観にとらわれずに、さまざまな工夫をして、ユーザーに「コンピュータの枠にとらわれない『現実的な』体験」を提供しようとした、という共通点があるからなのでしょう。

 この3人、いずれも破天荒なクリエイターで、セガやアスキーは、よくこんな人たちを社員として雇っていたなあ(そして、この人たちも、会社員として働けていたなあ)という感じなんですよ。
 黎明期のゲーム業界というのは、カオスであり、エネルギーに満ち溢れていたのです。

 鈴木裕さんの回より。『バーチャファイター』開発時の話。
 聞き手は原田勝弘さん(バンダイナムコ『鉄拳』などの開発者)、そして編集者です。

――『バーチャ』の開発者みんなで拳法の稽古をして、実際の格闘技の動きを身体に叩き込んでから、ゲーム開発を行ったという話ですよね。あれって、大山倍達とか昔のプロレスラーの逸話とかと同じ類の都市伝説かと思ってたのですが……本当なんですか?

鈴木裕:うん、みんなで拳法の練習をして、僕のOKが出るまでコンピュータを触らせないことにしました。

一同:(笑)

鈴木:だって、「お前、俺にパンチを打ってみろ」と開発者に行ったら、あうあう言いながら、ヘロヘロの猫パンチを僕の胸に当ててくるような状態だったんだよ(苦笑)。それで本人はリアルなパンチと思っているから、良くなるわけがない!
 彼らは「『ストII』はワザが何十個もあるんです! そうでないと格闘ゲームにはなりません!」とか言ってたけど、「これからは一つの良いパンチ、良いキックが出るまで、他のモーションを作ることは禁止」という業務命令を出しました(笑)。

原田:すごいなあ。

――それで、もうみんなで拳法の稽古?

鈴木:ええ。でも、僕は昔からレースゲームの開発でロケハンをやっていたんですよ。それと同じです。

原田:以前に裕さんと話したときに「『アウトラン』でロケハンをしていた」と知って、びっくりしましたね。

 『アウトラン』は、アメリカだけでなく、ヨーロッパでもロケハンをやったそうで、それって、海外に行きたかっただけなのでは……とニヤニヤしながら読んでしまいました。

 しかし、開発者たちは、ゲーム開発部に配属されて、拳法の練習をすることになるとは、思ってもいなかったでしょうね。

 それで結果を残してしまうのが、鈴木裕さんのすごさなのです。

 言われてみれば、「どういうのが良いパンチなのか」をイメージできない人が、「リアルなパンチのモーション」を作れるわけがない、というのは、理にかなっているような気もします。

 『ダービースタリオン』シリーズは、僕が競馬にハマったきっかけでもあり、人生を変えたゲームなので、薗部さんの話は、とくに楽しみにしていたのです。

 聞き手は『ゲームフリーク』の田谷正夫さん、一之瀬剛さん、森本茂樹さん、そして編集者です。

あわせて読みたい

「ゲーム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  10. 10

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。