記事

社会の全ての問題について堂々と語る方法

1/2
「社会学」はなんの役に立つのか。神戸学院大学の岩本茂樹教授は「社会でおきているすべての問題を完全に理解することはできません。しかし司書が目録を読んで本を選び出すように、社会学を学べばすべての問題に見通しをつけることはできます」という――。

■生徒から「ジュース買うてこい」と言われた衝撃

神戸学院大学現代社会学部の岩本茂樹教授(撮影=プレジデント社書籍編集部)

僕は大学で社会学を教える前に、小学校、中学校、全日制高校、夜間定時制高校で教師をやっていました。なかでもそれまで生きてきた価値観をひっくり返されるような経験をしたのが夜間定時制高校での体験です。

学校では通常教師が生徒を教え、評価し、場合によっては罰します。つまり学校は教師が権力を行使するようにつくられた制度であり装置です。しかしながら、僕が赴任した夜間定時制高校では、その「常識」はまったく通用しませんでした。「おい、岩本。100円やるさかい、ジュース買うてこい」。就任初日、僕が生徒から投げつけられた言葉です。

従えば学級崩壊が待っており、逆らえば何をされるかわからない。僕はとっさに「200円やったら行くねんけどなぁ、100円では行けへんなぁ」と言ってその場を乗り切りました。それが正解だったというわけではありません。教師という権威をいったん脇において、コミュニケーションをとる意思を示したことが「評価」されたのだと思います。

この夜間定時制高校は、教師への暴力、バイクでの乱入、カンニングや器物損壊など「反学校文化」に染まっていました。僕にとってそれは強烈な異文化体験であり、生徒やその保護者たちとコミュニケーションをとるには、その文化の文法を学ぶしかありませんでした。その経験が僕の社会学へのアプローチに大きく影響していると思います。

■社会学が教育から医療まで「何でもあり」になるワケ

社会学は本当に守備範囲が広く、多種多様なジャンルがあります。教育も、宗教も、医療も、文化も、科学もすべて社会学の対象です。

社会学者のカール・マンハイムは、こうした領域別の社会学を「連子符社会学」と呼びましたが、方法論にはディシプリンがあって、社会学特有の学問のやり方があります。逆にそのディシプリンさえあれば、何でも社会学の研究対象になるということです。僕のゼミの学生の卒業論文のテーマも「化粧療法」「アニメのリメイク」「お菓子の交換」とバラエティに富んでいます。

ただ、ディシプリンどおりに論文を書けば社会がわかったことになるかというと、そんなことはありません。知識が入ったとき、自分の過去や体験がスキッと説明できること、それが社会学の醍醐味です。それは実体験だけでなく本や映画のなかで体験したことでもいい。

僕は高校時代に太宰治の『人間失格』を初めて読んだとき、ものすごく気持ち悪いと思いました。主人公の葉蔵は、人に好かれたい、褒められたい、と思う気持ちが強いあまり、絶えず演技をして生きています。そういう葉蔵の姿がお調子者だった自分の幼少期を見ているようで耐え切れず、短い小説なのに最後まで読み通せませんでした。

■なぜ同じ本を読んでも、時期によって感想が変わるのか

ところが『人間失格』を「鏡に映った自己」という社会学の概念で読み解いてみると、かなりスキッとするのです。C・H・クーリーという社会学者は、わたしたちは他者の反応や評価を通して自分のイメージを形成し、そのイメージに対して誇りや屈辱といった感情をもつものだと述べます。

葉蔵は「みんなから喜ばれている自分」という「鏡に映った自己」のイメージが壊れそうになると不安でいたたたまれなくなり、われを忘れて挽回しようとします。そうしているうちに自分というものを見失っていく。僕は幸い、大学に入ると「鏡に映った自己」の呪縛からかなり自由になり、それでこの小説も味わいながら読み通すことができました。さらにこのクーリーの「鏡に映った自己」という概念を知って、初めて読んだときの「気持ち悪さ」もスキッと解消できました。

こういう体験を僕は「知識を取り込む」という言葉で表現しています。たとえば「鏡に映った自己」という概念を取り込むには、それぞれの人の自分史のなかで、「鏡に映った自己」で説明できるエピソードを探してみるという作業が役に立ちます。

授業ではよくそういう課題を出していますが、この「取り込み方」が人それぞれで、とても面白い。まさに多様性の世界です。同じ概念を説明するのに自分とこんなにも異なる体験を持ち出してくる人がいるのかと知ることで、寛容性も培われていくのではないかと思っています。

もちろん、自分のなかでも「取り込み方」は時を経て変わっていきます。今の自分と、3年後の自分では同じ本を読んでも感じ方は同じではない。「鏡に映った自己」もどんどん変わっていくのです。

■社会学の言葉で「ありふれた光景」が変わる

自分の内面だけでなく、ふだん深く考えないでやっていることの意味も社会学の概念でスキッとわかることがあります。たとえば学校対抗の音楽コンクールがあったとします。高校野球のようなものですね。実力に応じて出場そのものが目標となることもあれば、優勝やベスト4を目指す場合もあります。

社会学者のマートンの言葉を借りれば、それらはこの音楽会の「顕在的機能」です。それとは別に、この音楽コンクールに出ることでいじめが減ったり、成績が上がったりと、意図していなかったことがおこった場合、これを音楽会の「潜在的機能」といいます。

さらに、いじめが減るといったポジティブな潜在的機能は「順機能」、逆に音楽コンクールでの勝利にこだわるあまり、音楽に関心のない子が悪者扱いされたり、負けたときに犯人探しが始まったりするというネガティブな潜在的機能は「逆機能」と言われます。

ついでに言うと、潜在的効果をうまく利用して顕在的効果にする動きもあります。だから何だ、という話ですが、「顕在的機能」「潜在的機能」といった言葉を知識として知っているだけで、ありふれた光景も見え方が変わってくるんです。

あわせて読みたい

「社会学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  4. 4

    プペルも…配信ない映画の残念さ

    かさこ

  5. 5

    国旗損壊罪に専門家は「なぜ今」

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    都はキッズライン厳しく処断せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    石橋貴明の娘が芸能界デビューか

    NEWSポストセブン

  10. 10

    韓国の対日訴訟 事実認めず迷走

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。