記事

2千万円不足に回答控えると閣議決定 過去にも数々の珍決定が

(写真:アフロ)

政府は老後の資産形成で「2,000万円が必要になる」とした金融庁の審議会の報告書について6月18日、「報告書を踏まえた質問への回答は控える」とする答弁を閣議決定した。ネットでは非難の声が紛糾している。

各メディアによると、立憲民主党・中谷一馬衆議院議員(35)は年金報告書について2,000万円を蓄える必要性や、貯蓄の方策を政府に問いただしていた。しかし政府が18日の閣議で「報告書は世間に著しい誤解や不安を与え、政府の政策スタンスとも異なる」として、正式な報告書としては受け取らないことを決定。「政策遂行の参考とはしないとしたところであり、報告書を前提としたお尋ねにお答えすることは差し控えたい」としていた。

これまでも報告書については諮問した張本人である麻生太郎・金融担当相(78)が「報告書を受け取らない」という意向を示し、非難の声が殺到していた。

閣議決定とは内閣の意思を示すもの。都合の悪いものを受け取らないだけでなく、答弁も控えるという安倍内閣のスタンス。その違和感からTwitterでは「閣議決定」がトレンド入りするほどの反響を呼び、さらにネットでは「ふざけてる!」として以下のような非難の声も上がっている。

《政治を、議論をサボタージュする政治家など国民は必要としていない》
《働かないことを正当化したんですね》
《勝手なおごりは何処まで続くか!有権者の質が問われ続けている》

実は、これまでも安倍内閣は様々な理由で閣議決定を行ってきた。

「15年5月に安倍首相が『ポツダム宣言をつまびらかに読んでいない』と発言して非難の声が上がると、翌月に『首相はポツダム宣言を読んでいる』と閣議で決定していました。さらに安倍首相の口癖である『そもそも』の意味を間違えているのではと問われた17年5月にも、『“そもそも”には“基本”という意味がある』と 珍決定をしていました」(全国紙記者)

今回もTwitterでは

《安倍政権下で乱発される御都合主義なビックリ閣議決定》
《みんなでやったことにする責任逃れと自身の無さ! 閣議決定乱発》
《閣議決定にも何らかの規制が必要では》

と危惧する声も上がっている。

あわせて読みたい

「金融庁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  2. 2

    小室哲哉 KEIKOに離婚求め調停中

    文春オンライン

  3. 3

    世界が評価 雅子さまの国際感覚

    NEWSポストセブン

  4. 4

    ラグビー「にわかファン」が反響

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    防衛省に戦闘機調達の能力はない

    清谷信一

  6. 6

    香港デモ最前線に「玉砕」の文字

    田中龍作

  7. 7

    北朝鮮 米韓に新たな解決策要求

    ロイター

  8. 8

    女は21歳までや TOKIO城島の口癖

    文春オンライン

  9. 9

    教員いじめ 校長は刑事告発せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  10. 10

    賛否呼ぶ献血PR 批判内容に疑問

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。