記事

上司とSNSで繋がって後悔したこと「仕事の愚痴を書けない」「常に監視されているみたい気持ち悪い」

先輩・上司のアカウントを特定したことがある人もちらほら
先輩・上司のアカウントを特定したことがある人もちらほら

ビジュアルワークスは6月20日、「10代・20代・30代のSNSに関する意識調査」を発表した。調査は今年5月下旬、18歳から39歳で、先輩・上司のSNSアカウントを知っている男女689人を対象に実施した。

このうち、先輩・上司と「相互フォロー」になっていると答えたのは、フェイスブック51.3%、インスタグラム31.9%、ツイッター17.4%。SNSで繋がった経緯は、どのSNSでも「会話の流れでフォローし合うことになった」(フェイスブック40.4%、インスタグラム49.5%、ツイッター43.3%)が最多だった。2位は「上司に発見された」(同31.1%、20%、17.5%)だった。

「ふざけたツイートをすると後日会った時にネタにしてきて周りに内容がバレる」


相互フォローして良かったと思う人は、フェイスブックで39%、インスタグラムで50%、ツイッターで45%。良くなかったと思う人は、それぞれ15%、8.6%、10.8%だった。

良かったと思う人からは、「お土産のおねだりができる」(21歳・男性)といった声のほか、

「上司の日常生活を垣間見れることは、職場における円滑なコミュニケーションに資する。一方、自分の投稿に、上司に隠したいことはないのであまり痛痒を感じない」(35歳・男性)
「コミュニケーションを深めれば良い仕事ができるから」(28歳・男性)
「DMで仕事の相談などが出来て、普段は趣味の近況をタイムラインで追える」(38歳・女性)

と、仕事にプラスになるという見方が多かった。良くなかったと思う人からは、

「仕事の愚痴を書けないし、愚痴でなくても遊んでる写真とかをアップして次の日に疲れた感じも出せないのでアップしにくくなる」(32歳・女性)
「自分が休みの日などに上司や先輩が出勤していると何かと呟きづらい。見られていると思うと書きたくても書けないことが出てきて窮屈に感じる」(28歳・女性)
「常に監視されてるみたいで気持ち悪い」(28歳・男性)
「仕事の不満や愚痴は全く呟けなくなった。ふざけたツイートをすると後日会った時にネタにしてきて周りに内容がバレる」(21歳・女性)

などの声が出ていた。

上司のアカウントを一方的に知っている人、「投稿を見たくて探し出した」6人に1人

先輩や上司のアカウントを一方的に知っていると答えた人は、フェイスブックで17.4%、インスタグラム、ツイッターで13%だった。アカウントを知った経緯を聞くと、全てのSNSで「会話の流れでアカウントを知った」(それぞれ27.5%、33.3%、34.4%)が最も多かった。フェイスブックでは、25%が「おすすめユーザーや知り合いかも?に出てきた」と回答している。

「アカウント、投稿を見たくて探し出した」と答えた人は、フェイスブックで15.8%、インスタグラムとツイッターで16.7%。どのSNSでも約6人に1人はアカウントを探し出し、特定していることが判明した。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自らを棚に上げ日本糾弾する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    三原じゅん子氏演説に潜むズルさ

    メディアゴン

  3. 3

    韓国への強硬措置は日本に逆効果

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  5. 5

    韓国、日本の北制裁「生ぬるい」

    ロイター

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    TV局がツイート謝罪で失った信頼

    孝好

  8. 8

    反安倍の辞めろコールはマイナス

    猪野 亨

  9. 9

    枝野氏を凌ぐ山本太郎氏の演説力

    早川忠孝

  10. 10

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。