記事

「あれっ、複雑な単語よりカジュアルな会話の方が理解できないぞ?」────スイス人が日本の会社で思うこと


2018年の11月にサイボウズに入社したアレックスと申します。スイス出身です。よろしくお願いいたします。

……という自己紹介は、そのまま日本語学校で覚えたものです。就職活動では、尊敬語、謙譲語、ビジネスマナーなどが必要になると聞いたので、単語カードやYouTubeで毎日寝る前に練習しました。そして、同じシェアハウスに住んでいる日本人のハウスメイトにも「日本で働くのはどんな感じ?」と聞いていたので、なんとなく日本で働くイメージは、頭の中にありました。

しかし、いざサイボウズに入社してみると、教わったイメージと違っていて「あれっ?」と思うことが何度もありました。この連載では、「サイボウズでの会社員生活」で得た気づきを、外国人視点でお伝えしています。サイボウズに入社したスイス人の観察記、第4回です。

カジュアルな会話はビジネス会話より難しくて「あれっ?」







外国語でコミュニケーションするときに一番難しいポイントは「複雑な単語」だと思いがちです。なので私も日本企業に入社する前に、漢字や単語を一生懸命勉強しました。

しかし、一番難しいポイントは、実は「複雑な単語」ではなく「その国特有のカルチャーの話」です。

いくら日本語を勉強していても、日本の芸能人、子供の頃によく見たアニメ、懐かしい音楽などは理解できるわけがない。そういう知識があまりなくて大変です。今でも「アンパンマン」「夏目漱石」や「嵐」以外はほとんど何も知りません(笑)。

日本語でメールを書くのは複雑すぎて、「あれっ?」






サイボウズ式編集部では、実はあまりメールを書きません。社内のコミュニケーションはグループウェアを通して。社外のパートナーさんには、最近Slackで連絡しています。

しかし、取材の依頼はまだメールで送ることが多いです。今まで1回しかやったことはないけれど、頭が爆発すると思いました。なんで「取材依頼書」を別のファイルで添付しなきゃいけない!? メールでそのまま書けばいいのに、不思議。結局、すべて同僚に任せました。

しかも、その取材依頼は断られました。「長いメールに答えるのはめんどくさい」というのが原因のひとつじゃないかなと少し思います……

日本のオフィスで誰も喋らなくて「あれっ?」







日本に来たばかりの頃、人がすごく静かでびっくりしました。逆に、人以外のものがうるさくて驚きました。人は誰もしゃべっていないのに、改札口、救急車、エレベーター、トラックばかりしゃべっているのは不思議じゃないですか?

日本に3年以上住んでみて、この静かな生活に慣れすぎた気がします。スイスに戻ったとき、電車で電話する人や、エレベーターで大きい声で喋ったりする人を見てイラっとするようになってしまいました。自分の中にいろんな文化が混ざっていて、変な人間になった気がします。

マンガ:夕海 編集:アレックス

あわせて読みたい

「外国人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  6. 6

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  7. 7

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  8. 8

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    玉木氏 この国は法治国家なのか

    国民民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。