記事

本当の「強制連行」を忘却した韓国の本音 - 崔 碩栄 (ジャーナリスト)


(Favor_of_God/gettyimages)

韓国の熟年層以上の人であれば誰でも知っている『断腸のミアリ峠(단장의 미아리 고개)』という歌がある。朝鮮戦争(1950-1953)から3年後の1956年に発表され大ヒットした歌で、韓国において長い間、愛されてきた「国民歌謡」の中の一つだ。この曲が愛された理由は、その歌詞の「リアルさ」が韓国民の心に響いたからだ。次のような歌詞である。



Youtube: https://youtu.be/zeHIg6NBb6c

「断腸の彌阿里(ミアリ)峠」
断腸の彌阿里峠
あの人が越えて行った 別れの峠
火薬の煙が前を塞ぎ、目を開けず さまようとき
あなたは有刺鉄線で二つの手をしっかりと結ばれたまま
振り返り また 振り返り 裸足の足を引きずりながら
連れていかれるこの峠 恨みの多い 彌阿里峠

韓国歌謡「断腸の彌阿里峠」(1956)
作詞:半夜月 作曲:李在鎬 歌:李海燕

ミアリはソウルの東北部にある地名で、過去には北朝鮮とつながる道があった。北朝鮮は朝鮮戦争でソウルへ侵攻するときも、後退するときも、ここを通って移動した。歌詞の内容は朝鮮戦争中にソウルを占領していた北朝鮮軍が連合軍の反撃に遭い後退していくときに、ソウルから政治家、学者、技術者、宗教家、芸術家、などを大勢、強制的に北に連れて行ったのだが、そうして連れていかれる人の心情を歌ったものだ。まさに「強制連行」の被害を歌っているものだ。

戦時中、南のエリートたちを虐殺、強制連行した北朝鮮

北朝鮮がどのようにして強制連行したのかについては、たくさんの証言と記録が残っている。例えば次のようなものである。

9月12日から西海岸一帯で国連軍による大々的な爆撃が強行され15日から仁川上陸作戦の前哨戦が繰り広げ始め、これに慌てた北朝鮮軍はこの夜から、各刑務所に秘密監禁され収監中だった人々を皆次々と縛りミアリ峠と永川峠の二手に分かれ北朝鮮へと拉致を始めた。

そして病気で歩けない人は、それぞれの刑務所、各監禁所の中で、または山に連れて行って、そのまますべて射殺してしまった。このとき射殺された人は金允實(牧師)、 全仁善(牧師)、姜遂昌(警官)、朴潤準(言論人)等、数百人にのぼる。

議政府方面に連れていかれた人の中には朴俊植 (検事)、李愚卿(判事)、鄭義和(判事)、李春根(軍人将校)、林聖大(警官) 、崔杯(内務長官秘書)、許南洙(国会総務課長)、文澤圭(弁護士)、 林俊洙(法官)、李福本(演劇俳優)など3000人にのぼった。

東亜日報 1962年4月3日

朝鮮戦争前、そして戦争中、自ら北に渡って行く人も少なくなかった。彼らのうちの多くは南側に居た社会主義者、共産主義者であった。だが彼らとは違い「自分の意志に反して」北朝鮮に連れていかれた人たちも間違いなく存在する。

彼らは韓国では「戦時拉北者」と呼ばれている。韓国政府の統一部は、朝鮮戦争中北朝鮮に連れていかれた人は10万人と推定している。彼らの大部分は南に戻ることなく、北朝鮮で処刑されるなどし、死亡した。

70~80年代。私がまだ幼かった時節であるが、その頃を考えてみても「拉北」という言葉はニュースやテレビドラマなどで時々耳にすることがあり、それは身近な問題だった。朝鮮戦争を実際に体験した人たちがまだ中高年層として社会に影響力を持っており、拉北者家族たちも多かったためだろう。

だが、時間が流れ北朝鮮と協力、共存を訴える文在寅政権になった今日、マスコミでも学校教育でも日常生活でも、それは死語となり、あったことすらも半分忘れ去られたような存在になってしまった。

朝鮮戦争後にも続いた「拉北」
しかし、謝罪も賠償も求めない韓国

また、朝鮮戦争(1950~1953)以降に北朝鮮に「連れていかれた」韓国人も存在する、彼らは「戦後拉北者」と呼ばれるが、認められている人数だけで3000人を超える。北朝鮮は主に海上で操業中の漁師を拉致するのだが、連れていかれた3835名中516人は今も戻ることができずにいる。北朝鮮は拉致した人たちを体制宣伝に利用したり、対南工作員として利用している。


写真を拡大

だがどうしたことだか、韓国は彼らを放置している。送還、補償、謝罪など、何一つ要求しない。左派政府だけでなく、歴代の右派政府も同様だった。彼らを棄てたのだ。むしろ、韓国の拉北被害者たちに関心を寄せているのは、連携を図っている日本の拉致被害者家族や支援団体だ。

学校教育でもこういった事実は教えない。朝鮮戦争の最中に連れていかれた10万人の自国民、戦後連れていかれたまま戻れずにいる500人余りの自国民、その存在すらも若い学生たちは知らずにいるのだ。

一方、日本に対しては募集による渡日、それも年齢や学力を偽ってまで志願した者についても「強制連行」、「事実上の強制」だという名目で、マスコミや政府が前に立ち謝罪を要求し、学校でも繰り返し強調し、学生たちに日本に対する反感を植えつける。あまりにも対照的な姿だ。

このダブルスタンダード、つまり北朝鮮に対する姿勢と、日本に対する姿勢の差異。この不均衡と偏りこそ、韓国が日本に要求する「賠償と謝罪」問題の本質を示しているのかもしれない。韓国が言う「賠償と謝罪」とは、最終的に人権や記憶すべき歴史の問題ではなく、日本からの金銭的利益の誘導し、同時に恨みを発散している八つ当たりなのだ。しかもその作用は「同族」に対しては起きないという御都合主義的で、強い民族主義的な傾向を持つ。

こんなふうに言えば行き過ぎた表現だと思う人もいるかもしれない。だが少なくとも北朝鮮の強制連行に対し、韓国が非難の声をあげない限り、あながち間違った考えだとも言い切れないだろう。

昨今の日韓の情勢を見る限り、韓国は北の強制連行や拉致問題は棚に上げておいて、日本への批判、要求に集中すると思われる。しかし、その行動は実は本当の強制連行問題、つまり北朝鮮による非行を忘れたい、隠したい気持ちの表れではないかと思う。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  3. 3

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  6. 6

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  7. 7

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  8. 8

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  9. 9

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  10. 10

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。