記事

週刊文春・加藤晃彦編集長に告ぐ

週刊文春の、私の発言が「公選法違反『疑惑』」だとする記事。

文春の加藤晃彦編集長、「とにかく和田政宗を攻撃する記事を書け」と指示したというのは本当でしょうか?

それは、ジャーナリズムとしてやってはならない手法を使った文春に対する、私が行っている正義の戦いに対する反発でしょうか?逆恨みでしょうか?

編集会議で「こんなものを記事にするのか?」と失笑を買ったのは事実でしょうか?

あなたの編集方針はおかしいと考えている人達は、外への発信を始めていますよ。

攻撃しようと思った人物を、こじつけや事実の飛躍で「疑惑」だとして誌面で恣意的に攻撃するのであれば、相手を潰すために何でもできることになります。

ジャーナリズム精神を無視する週刊文春との戦いを、私は徹底的に展開します。

文藝春秋社は、芥川賞、直木賞、大宅壮一ノンフィクション賞などを展開していますが、事実に沿わず、こじつけで恣意的な攻撃をするのであれば、読者の信頼を失い、いつかは潰れるでしょう。

加藤編集長は胸に手を当てて、自身のやっていることを考えるべきではないでしょうか?

なお、私の政治活動は、法令を遵守して行っていますし、行っていきます。

あわせて読みたい

「週刊文春」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。