記事

ホントに「子供に迷惑をかけたくない」なら

先日、出版した下記の本、後半の一章では「親の家のリノベ」を取り上げています。


徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと posted with amazlet at 19.04.04

ちきりん
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 86
Amazon.co.jpで詳細を見る

→ Kindle版
→ 楽天ブックス

「自分は賃貸派なのでリノベは関係ない」という人も多い時代ですが、そんな中でも「親の実家がちょっと心配・・・」という方は少なくないでしょう。

老朽化して段差が多く、たこ足配線や(地震があれば)命を危なくするほど高くまで積まれた多くのモノ、冬になると凍えるほど寒いトイレや洗面室など、お盆や年末に帰省したときだけでも不安になる方は多いはず。

とはいえ親に「家に手をいれたら?」と勧めても「どうせ自分たちの後は誰も住まないんだから家にはお金をかけたくない」
「リフォームなんて贅沢。老後のために節約したい」となり、話が進まない。

こういう話を聞くと思いだすのが「子供には迷惑をかけたくない」という言葉です。

この言葉を口にしない親なんているのかしらと思うくらいよく聞く言葉ですが、私はこれを聞くたび「だったら家に手を入れるべきでしょ」と思うのです。

だってね。

「子供に迷惑をかけない」ために最も重要なことはなんだと思いますか?

答えは簡単

「健康寿命を長くすること」です。

少々の財産を残すことより、できるだけ長く、自立して暮らせる状態を保つこと。これ以上に「子供に迷惑をかけない方法」はありません。

ときどき「子供に少しでもたくさんお金を残すため、相続税対策をしておきたい」という方がいらっしゃいますが、

そんなことより「介護が必要になるタイミングを遅らせること」のほうが、よほど子供への負担は減らせるんです。

ではそのために何をすればいいか。

こちらも答えは明確。

中高年の間に大事なのは、「血管と内臓を痛めないこと」+高齢と言われる年代に入れば、「ケガや疾患で体の自由を失わないこと」です。

もう少し具体的にいうと、40代、50代の間は食事と運動で生活習慣病に気をつけ、60代を超えたら、「転倒で骨折しないこと」「体にマヒを残すことの多い脳疾患や心疾患のリスクを最小化すること」です。

つまり中高年期の対策は「自分で生活習慣をコントロールすること」ですが、高年齢(60代以降)になれば、子供に迷惑をかけないためのもっとも大事な対策は「環境=家のリスクを減らす」ことなんです。

よく言われるように「寝たきり」になる最大の原因は転倒です。
大腿骨骨折など、転倒で寝たきりになると認知症が進む場合も多く、「子供に迷惑をかけない」なんて夢物語になってしまいます。

トイレのために夜中に急な階段を上り下りする必要があったり、洗濯モノを抱えてあちこち移動せねばならない家に住み続けながら「子供に迷惑をかけたくない」なんて言うのは、矛盾しています。

また、家の中に大きな温度差があると、脳や心臓に負担がかかってヒートショックで倒れ、後遺症で体にマヒが残ることも少なくありません。

こちらも「子供に迷惑をかけない」なんて不可能です。

「夫婦ふたりともまだ元気だから、どちらかの体が不自由になっても“子供には迷惑をかけず”ふたりで助け合う」と考えていらっしゃるのかもしれませんが、よく言われるように老老介護は想像を遙かに超える大変さです。

段差のある家で、狭いトイレで、体が不自由になった妻や夫を、同じく高齢者の夫や妻が介助するのは、「介護者にとって」こそ、ものすごく負担が大きい。

不便な家で介護を続けると、今度は介護者側が腰を痛めたり、持病が悪化したりということが起こります。

つまり、「元気なうちの高齢者のリフォーム」は本人のためではなく、第一介護者となる配偶者や、最終的にはかならず引き込まれる子供のためにこそ重要なのです。

★★★

まとめれば、本当に「子供に迷惑をかけたくない」と思うなら、定年前は生活習慣病に気をつけ、

定年後は「健康寿命をできるだけ長く維持でき、かつ、介護が必要となっても、介護者にとって負担の少ない家にしておく」ことがもっとも効果の高い対策です。

「万が一のためにお金は使いたくない」という方も多いのですが、リフォームの費用と、体が不自由になってから、何年も通院や治療、介護のためにかかる費用を比べたら、

前者のほうが圧倒的に少ないはず。大事な投資をケチって、結果として大損することのないよう、冷静に考えてみましょう。

もちろん食べるに困っているというなら、衣食住のうち、食が優先なのはよくわかります。

でも、オレオレ詐欺に狙われかねないほどの貯金をもちながら、危険な家に住み続けるのは「子供に迷惑をかけたくない」という意思とは対極にある非合理な判断です。

しかも本にも詳しく書きましたが、高齢化に備えたリノベには助成金がでる場合も多々あります。

「家にはもうお金をかけたくない」+「年をとっても子供には迷惑をかけたくない」と、矛盾したことをおっしゃっている親御さんには、ぜひこの本(もしくはこのブログエントリ)を紹介してあげてください。

繰り返します。

健康寿命を延ばしたいなら、
40代、50代は 生活習慣病にならないこと
60代以降は、家を安全にすること

これ以上の対策はありません。

そしてもうひとつ、高齢化に備えて家をリフォームするのは、「本人」のためではありません。

本人がそうなった時、負担が一気にのしかかるパートナー(配偶者)、そして、(かならず引っ張り出される)子供のためなのです。

そこんところ、なんとか多くの方に伝わりますように。

f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium
そんじゃーね

あわせて読みたい

「高齢者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  2. 2

    札幌開催 小池知事の発言に呆れ

    鈴木宗男

  3. 3

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  5. 5

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  6. 6

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  7. 7

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    人間を殺す道具を自慢する中国

    文化通信特報版

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    政府が衝突した北漁船の映像公開

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。