記事

トランスジェンダー女性の死が招いた売春「非犯罪化」議論

2/2
ジェンティーリ氏が言うには、多くの有色人種のトランスジェンダーにとって、売春は自分たちに残された数少ない収入源の一つ。生きるために、いわゆるサバイバル売春と呼ばれるものに手を染めるのだ。「トランスジェンダーにとって、勉強を続けるとか、就職活動をするというのはものすごく大変なんです」と本人。「私たちにとっては、売春で稼ぐことを選ぶのが楽な場合もあるんです。心底嫌っている人もいれば、張り切っている人もいますけどね」。売春の裏に隠された複雑な動機、身の安全と生計を確保することの難しさ、さらに売春が犯罪であると言う事実が相まって、有色人種のトランスジェンダーの女性はとくに警察から差別と嫌がらせの対象にされやすい。

National Center for Transgender EqualityがNational Gay and Lesbian Task Forceと共同で行った別の調査によると、売春経験のあるトランスジェンダーの16%が警察から暴力を受けたと回答している。ラテン系のトランスジェンダーとなるとこの数は増え(34%)、黒人の場合はさらに増える(53%)。人身売買の被害者で、現在はMake the Road New Yorkという団体を主宰する元セックスワーカーのビアニー・ガルシア氏は、彼女が暮らすクイーンズのジャクソンハイツでは、警察によるトランスジェンダーの嫌がらせの話題を耳にしない日はないと言う。警察は彼女たちが夜中に独りで外を出歩いているというだけで、セックスワーカーだと決めてかかるそうだ。

「集会で何度か、夜中にクラブや薬局に行くのが怖い、トランスとして歩いているだけで逮捕されるかもしれないから、と言う人がいました」と彼女は言う。「一度など、結婚証明書を持ち歩いていると言う人もいました。自分の隣にいるのはパートナーですよと(警察に)証明するためにね……それもこれも、警察や職権乱用のせいです」

刑事司法制度で有色人種のトランスジェンダーの女性たちが直面するあまたの障壁に加え、裁判所命令によるカウンセリングも――ぱっと見はセックスワーカーが刑務所に行かずにすむよう救いの手を差し伸べているようにみえるが――百害あって一利なしだと、活動家は指摘する。

「5回のカウンセリングを受けたとして、それでもホームレスのままなら、何の役にも立ちません」とジェンティーリ氏。「5回のカウンセリングを受けても無職のままで、仕事が見つかる当てもないなら――トランスジェンダーだというだけで差別されるんですから――そんなの無駄です」

ポランコさんが強制売春の被害者だったことを示す証拠がないため、必須カウンセリングが彼女のためになったかどうかは定かではない、とニナ・ルオ氏は言う。彼女もDecrimNYの運営メンバーで、自らもVOCAL-NYという活動を展開している。彼女いわく、その手の必須カウンセリングは「初めから強制的だ」と言う。「もし受けなかったら、刑務所に入れられるかもしれない。受けなかったら、家を追い出されるかもしれないんです」と彼女は言う。「実際、選択肢などありません。レイリーンのように、取り返しのつかない結果を生むこともあるのです」

強制売春の被害者ではない人々に対し、人身売買調停裁判所(HTIC)の措置は有効なのか、とチャルフェン広報部長に尋ねてみた。「ニューヨーク州全域に11の調停裁判所があり、近々ユーチカにも置かれる予定です。ニューヨーク市の行政区市には必ずHTICが置かれています。我々は非常に効率的だと考えています」

トランスジェンダーの囚人が収監後、監視棟や独房に入れられるのは珍しくない。しばしば他の囚人から暴力を受け、身体的あるいは性的暴行を受ける危険が高いため、表向きは彼女たちの身を守るというが表向きの理由だ。元セックスワーカーの活動家TSキャンディ氏もこう語った。「独房に入れるのは、私たちの安全のためだと彼らは言います。でもむしろ、命とりです」

当初マスコミの報道では、ポランコさんは独房に入れられたと報じられた。矯正局はこれに反論し、彼女が収容されていたのは監視棟で、そこでは囚人は、週末を除いて毎日7時間まで監房の外で過ごすことが認められていると明言した。監視棟に収容されるのは、他の囚人や警察官への暴行などの規則違反が原因で、性別とは何の関係もないと矯正局は言う。「本当に痛ましい事件です。遺族の皆様には心よりお悔やみを申し上げます」と、矯正局のシンシア・ブラン局長はローリングストーン誌に語った。「我々は受刑者の安全および健康を最優先として、全力で捜査を行っております」

だが、10日のポランコさんのデモ集会で話を聞いたライカーズ刑務所の元囚人たちは、トランスジェンダーの受刑者はしばしば監視棟に収容されると語った。また、監視棟は独房と同じぐらい過酷で、精神的に疲弊するとも語った。ガルシア氏は暴行と強盗で19カ月ライカーズに収監されたが、他の囚人から襲撃を受けた後3週間後監視棟に収容された。「文字通り自殺しようとしました。たくさん泣きました」と彼女は言う。「監房に独りきりでいるのは、本当につらかった」

LGBTQ活動家やセックスワーカーたちの願いは、ポランコさんの悲劇が法の番人らに警鐘を鳴らし、刑務所でのトランスジェンダーの環境改善だけでなく、売春全般を犯罪とする法律を永久に改正させることだ。いみじくもポランコさんの事件で明らかになったように、とばっちりを受けるのは、刑事司法制度でもっとも被害を受ける人々なのだ。ジェンティーリ氏は売春の非犯罪化法案がニューヨーク州議会で可決されるだろうと「楽観視」している。

「政治家の方々が、今回若い女性を救えなかったことを反省してくれるといいのですが。自分たちはこの娘を救えなかったのだと」と彼女は言う。「反省して、売春に携わる人々の現実にしかるべき措置をとっていただかないと、また別の被害者が出てくるでしょう」

あわせて読みたい

「LGBT」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  6. 6

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。