記事

トランスジェンダー女性の死が招いた売春「非犯罪化」議論

1/2
レイリーン・ポランコの死の真相解明を訴える、トランスジェンダー支援活動家のデモ行進。(Photo by STEPHANIE KEITH/The New York Times)

現地時間7日、27歳のトランスジェンダーの女性レイリーン・ポランコさんが、米ニューヨーク市ライカーズ刑務所内の監房で身動きしていないのが発見された。蘇生措置を試みたものの、午後3時45分に死亡が宣告された。

ポランコさんの死因はまだ公表されていないが、ニューヨーク市検視局のアジャ・ワーシー-デイヴィス広報部長がローリングストーン誌に語ったところでは、身体に外傷を受けた形跡はなく、当局は「他に考えられる死因を特定するべく、さらに薬物検査と検視を行う」という。ポランコさんが不可解な状況で死亡していたことから――今年に入って全米で亡くなった10番目のトランスジェンダーの女性であることも含め――LGBTQの活動家らは一斉に抗議の声を上げ、ビル・デブラシオ市長からの回答とライカーズ島の即時閉鎖を求めている。

ポランコさんの死に関して、さらに痛ましい事実が発覚した。ポランコさんがライカーズ刑務所に収監されたのは、勾引状(裁判所に出頭しない個人に対して発行される令状のこと)に対する500ドルの保釈金を支払わなかったため。そもそもの発端は2017年8月のNY警察のおとり捜査で、ポランコさんはおとり警官に対し、金銭と引き換えにオーラルセックスすることに同意して逮捕された。彼女は売春の微罪と軽度の薬物所持違反で逮捕された。

逮捕の結果、ポランコさんは刑期を務める代わりに、マンハッタンの人身売買調停裁判所(HTIC)に出廷し、カウンセリングを受けることが義務付けられた。売春容疑の逮捕者に対してしばしば科される措置だ。彼女は去る4月にもタクシーの運転手を噛んで再逮捕された。この件だけならライカーズ刑務所行きを免れただろうが、裁判所命令による更生プログラムを受けず、500ドルの保釈金も払わなかったために収監されたようだ。

ローリングストーン誌の取材に対し、ニューヨーク州統一司法府のルシアン・チャルフェン広報部長は次のようにコメントした。「ニューヨーク市刑事裁判所の判事は、レイリーン・ポランコさんの直近の暴力事件逮捕に対して保釈金を言い渡しましたが、その時点で彼女には審理続行中の裁判をいくつも抱えていました。過去の人身売買事件に絡む出廷命令を8回も無視しています。ニューヨーク州では、保釈金は被告人の出廷を確約するために設定されますが、過去の行動から判断するに、彼女にはこれが問題だったようです」

死亡当時、ポランコさんは監視棟に収容されていた。別の囚人と口論を起こしたのが原因で、少なくとも1週間は収容されていたという。月曜日、LGBTQコミュニティの団体Anti-Violence Project主催のデモ行進でポランコさんの遺族が語ったところでは、ポランコさんは癲癇を伴う持病を抱えていたという。

ポランコさんが微罪に対する保釈金の未払いで収監され、しかも監視棟の中で死亡したという事実に、ソーシャルメディア上ではあちこちで怒りの声があがった。アレクサンドリア・オカシイオ・コルテス下院議員をはじめ著名な政治家も彼女の死に怒りを表明した。今週議会に提出されたニューヨーク州全域の売春非犯罪化法案を推進していた団体DecrimNYも、ただちにポランコさんの死に関して声明を発表した。

「我々は、今すぐ売春の非犯罪化を実現するべきです――拡大した司法の網で人々をがんじがらめにするような法改正ではなく、非犯罪化です――生活の糧を売春に頼っている有色人種のTGNC(トランスジェンダーおよび性同一性障害者)コミュニティを守るために」と言うのは、DecrimNY運営委員会のメンバー、ジェシカ・ペニャランダ氏。非営利団体Urban Justice Centerのセックスワーカー部で啓蒙促進を担当している。「次の犠牲者を出すわけにはいきません。もうこれ以上」

ポランコさんの死に憤りを感じているLGBTQコミュニティのセックスワーカーたちは、そもそも彼女がライカーズ行きとなった警察からの不当な扱いに加え、刑務所での過酷な環境は、有色人種のトランスジェンダーのセックスワーカーには日常茶飯事だという。警官から差別や嫌がらせの標的にされることもしょっちゅうで、刑務所でも驚くような仕打ちを受けているという。

「いやというほど分かりますよ」と言うのは、元セックスワーカーのセシリア・ジェンティーリ氏。Transgender Equity Consultingの創設者で、DecrimNYの運営委員会のメンバーでもある。ポランコさん同様、ジェンティーリ氏も10年ほど前に薬物所持で逮捕され、裁判所に命じられたカウンセリング治療を受けなかった。その後再び売春と麻薬で逮捕され、過去の罪状で刑務所に入れられた。

「レイリーンの件で非犯罪化が注目されるようになったのはとても残念です。こんな形で取り上げられるなんて」と彼女。「でも、犯罪化が美しいコミュニティを破滅させていることが、しっかりお分かりいただけると思います」

ライカーズ刑務所収監中に亡くなったレイリーン・ポランコさん(©︎Rolling Stone)

ジェンティーリ氏のような活動家の多くは、売春の犯罪化がとりわけ有色人種のトランスジェンダーの女性を標的とし、彼女たちを社会から追放していると考えている。非襟団体National Center for Transgender Equalityが2015年に発表した調査によると、アメリカ国内の黒人のトランスジェンダーで、売春したことがあると回答した人は21%近くだったのに対し、トランスジェンダー全体では12%だった。その理由のひとつは、ポランコさんのような有色人種のトランスジェンダーの女性はまず雇用差別をはるかに受けやすい立場だからだ。先の調査でも、黒人のトランスジェンダーで現在無職だと回答した人の割合は、全トランスジェンダーの場合よりも2倍、アメリカ国民全体と比べると4倍も多かった。

あわせて読みたい

「LGBT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  4. 4

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  5. 5

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  6. 6

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  7. 7

    桜を見る会に立件できる証拠ない

    早川忠孝

  8. 8

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  9. 9

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  10. 10

    東京五輪後は一切面倒見ないIOC

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。