記事

ユーロ圏消費者物価、5月改定値は前年比+1.2%に減速 1年強ぶり低水準

[ブリュッセル 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した5月のユーロ圏消費者物価指数改定値は速報値と同じ前年比1.2%の上昇で、伸び率は4月の1.7%から縮小し、2018年4月以来1年強ぶりの低水準となった。エネルギーとサービスセクターの価格の伸びが鈍化した。

今回の結果は、インフレ率目標を2%弱とする欧州中央銀行(ECB)にとって悪いニュースだ。ECBはこれまで、インフレ率が上向かなければさらなる行動を取ると約束している。

前月比では0.1%上昇で、伸び率は市場予想の0.2%を下回った。

EU統計局は、ECBが政策決定で重視するコアインフレ率(エネルギー、食品を除く)が前年比1.0%上昇となったことを確認。4月は1.4%上昇だった。

エネルギー、食品、アルコール類、たばこを除外したベースでは前年比0.8%上昇で速報値と変わらず。前月は1.3%上昇だった。

5月のインフレ率縮小は、エネルギー価格の伸び率が4月の5.3%から3.8%に低下したことが主な要因。サービスセクターのインフレ率は4月の1.9%から1.0%にほぼ半減した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    3密で限界 コールセンターの激務

    松崎りえこ

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  5. 5

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  9. 9

    吉村知事は野球大会を開催すべき

    赤木智弘

  10. 10

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。