記事

負の所得税と最低賃金

ずいぶん前に負の所得税について書いた

そこで北野旅人さんにコメントをもらって、ふと(そして改めて考えた)ことがある。

それは最低賃金と負の所得税との関係である。

最低賃金というのは僕は非常によくない法律だと思っている。たとえば、時給700円が最低賃金だとしよう。それ以下の賃金で雇用するのは許されない。しかし、現実には600円とか500円くらいだったら、雇ってあげるよ思える労働者も数多く居るはずだ。特にまったく働いたことがない若者や未経験者などがそれに当たるだろう。

そういった社会的弱者、これから世の中に出て行こうとする人は、むしろ、ただでも働いて、いや自らお金を払ってでも仕事の内容はもちろん、ビジネスにおけるマナー・仕事とはどういうものかを学んでいかねばならない。

それはおかしい!という人も居るが、自分からお金を払って資格を取ったり専門学校に通ったりしてビジネススキルを増やそうとする人は多い。それと何が違うのか僕にはさっぱりわからない。

上述のように最低賃金法は雇用機会を奪う。そして、そのしわ寄せは若者や社会的弱者に属する人にくるのである。既存の労働者にとっては最低賃金法は一種の労働市場への参入障壁の役割を果たすのである。

とはいえだ。。。

不当に安い賃金でスキルがあまりつかない仕事を永遠とやらされる可能性がまったくゼロとはいえない。また、新興国との賃金の収斂が進む中で賃金の更なる低下の可能性もある。

もう働くのはいやだ。生活保護で食っていったほうがいいという人間が増えている(といわれる)が、それも無理はないことかもしれない。一方で、3Kといわれるような仕事、あるいはそこまで行かなくてもキツい仕事にはなり手がないという。この労働市場のギャップは明らかに経済にマイナスの影響を及ぼしているだろう。

そのギャップを埋める役割を負の所得税は果たすはずだ。非常に安い賃金でも働けば給付が得られる。現行の生活保護制度のように働いたらもらえないというようなものではない。負の所得税は、最低賃金法というマーケットをゆがめる悪法よりははるかに意味があるものだろう。

積極的に、最低賃金法に変えて負の所得税を導入せよとは思わない。負の所得税もまた、マーケットをゆがめる側面を持っていると考えるからだ。しかし、最低賃金法よりは、低賃金の労働者にとって本当の意味において優しい政策であることはまた間違いないと思うのである。

また、いつも繰り返すが負の所得税(あるいはベーシックインカム)を本気で導入しそのメリットを生かすというのであれば他の社会保障制度もあわせて改革することが必須であるということがこのことからもよくわかるのである。

あわせて読みたい

「労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  5. 5

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  6. 6

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  9. 9

    岸長男めぐり安倍家-岸家が火花?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    ANA 5000億円規模の最終赤字に

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。