記事

EU、アルバニアと北マケドニアの加盟交渉入り巡り対立解けず


[ルクセンブルク 17日 ロイター] - 欧州連合(EU)は17日、アルバニアと北マケドニアとのEU加盟交渉入りの是非を巡って各国担当者による協議を行ったが、対立は解けなかった。

EUは18日、ルクセンブルクで、両国と正式な加盟交渉を開始するかどうかを議論する会合を開く。1年前には、改革加速を要求するフランスとオランダの反対により、加盟交渉の開始が却下されている。

17日に開かれた準備会合では、共同声明案で合意できなかった。

ある関係者は「立場の相違は大きく、あすの会合で意見がまとまるかどうか分からない」と語った。

また、キプロスとトルコの関係悪化が状況を一段と複雑にしている。キプロスは、トルコが東地中海で行っているオフショア採掘に対してEUが強い態度で臨まなければ、将来のEU加盟国拡大に関するすべての合意について拒否権を発動すると警告した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  3. 3

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  4. 4

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  5. 5

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  6. 6

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  7. 7

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  8. 8

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  9. 9

    安倍首相への過剰な警備は忖度か

    猪野 亨

  10. 10

    望月氏が安倍首相の歴史観を分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。