記事

テレ朝から「法令順守の徹底」を求められた吉本興業の面目

BLOGOS編集部

吉本興業の所属芸人による〝闇営業〟騒動の収まりがつかない。

「待遇が悪い」と言われる吉本にあっては、所属芸人の〝闇営業〟なんて日常茶飯事だろうとは思うが、5年も前の話とは言っても、その経緯が週刊誌によって報じられ、しかもその〝闇営業先〟が、社会問題化している振り込め詐欺グループの忘年会だったのでは、さすがに言い訳が出来ないだろう。

〝闇営業〟の忘年会を仲介した、お笑いコンビ〝カラテカ〟の入江慎也(42)は、所属していた吉本をクビになったが、その忘年会に参加して〝芸〟を披露した「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)やレイザーラモンHG(43)、さらには「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)、「ガリットチュウ」の福島善成(41)ら4人の芸人については、詐欺グループとは「知らずに出席して芸をした」「ノーギャラだった」などといった理由もあってか「厳重注意」という、ある意味〝激甘処分〟で一件落着といくはずだった。

しかし、ここにきて新たな展開に…。

ノーギャラとは思えない宮迫博之のサービスぶり

BLOGOS編集部

問題の忘年会は、グループの主賓で「会長」と呼ばれる男性の結婚披露宴も兼ねたものだったそうで、司会は入江が務めたという。その席で宮迫は「全てが僕の力になる!」を熱唱したことは前回、この欄でも記したが、それとは別に宮迫は、会長と呼ばれる男の〝新妻〟からのリクエストに応えて、ステージ上で熱く抱擁した揚げ句、サプライズとして夫婦を自身のレギュラー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日)に招待すると勝手に約束したという。

これは現在発売中の女性週刊誌「女性セブン」が詳細を報じたものだが、芸能関係者の間からも「さすがにノーギャラでは、ここまではやらない」なんて声まで出る始末。

「宮迫の行動を見る限り、もはや闇営業とは思えないほどのサービスぶりです。ハッキリ言って脇が甘いとかの問題ではありません。ここまで堂々と出来るのは、やはり闇営業が日常化していて、意識の中でも後ろめたさがなかったのでしょうね。しかし、この忘年会出演に関しては当然、吉本も認知していたと考えられます。だいたい、暴力団関係者が多数在籍する振り込め詐欺グループの忘年会に所属芸人が出席していることを、担当のマネジャーが全く気づかないなんてあり得ません。逆に気づかなかったら芸能事務所として全く機能していない。吉本の場合は、タレント契約の問題とか色々と言われていますが、管理能力がないということになってしまう」(プロダクション関係者)

詐欺グループは、この忘年会から半年後に警視庁によって摘発され、主犯格も含め男女40人が一斉逮捕された。本来ならその時点で入江を含め、参加した4人だって「これはマズイ!」と気持ち的に慌てるはず。「バレないかバレないか」と、それこそ毎日、不安になっていいと思うのだが…。

しかし振り返ってみると、そんな素振りさえなかった。ま、そんなことは当たり前と言えば当たり前のことだろうが、もしかしたら、例え〝闇営業〟だったとは言え、心情的には「吉本がバックだから大丈夫」なんて高を括っていたとしか思えない。

テレ朝は「アメトーーク!」から宮迫を降板させるべきだった

BLOGOS編集部

「アメトーーク!」を放送しているテレビ朝日も、事態は沈静化するものと考えていただけに、さすがにこの流れは予想していなかっただろう。吉本に対して、所属芸人の「コンプライアンス遵守(法令遵守)」の徹底を求めるコメントを出した。

当然のことだが、宮迫の発言に対して、同局も「実際にスタジオに呼び込まれていたか」の調査をしたという。しかし「社内で調べたところ、呼び込まれたという事実は確認できませんでした」とし、その曖昧な調査結果を踏まえて「放送予定には変更はない」と結論を出したというから、処分的には吉本以上に〝激甘〟だったことは明白だ。

しかし今の時代、どんなことにも「結果責任」が求められる。だとしたら、テレ朝としては事実を曖昧に終わらせるのではなく、ここは最初に宮迫の「番組降板」を決断すべきだったろう。もっとも、この甘い処分はスポンサーも納得してのことだろうか? 13日の放送では、スポンサーだった三井住友銀行とアコムのCMが流れず、代わりにACジャパンのCMが流れた。ここはやはり同局の社会的責任として、吉本にコンプライアンスを求める前に自局のコンプライアンスを見直すべきだったはずだ。

吉本は8年目に島田紳助が暴力団との親密交際を公表し芸能界を引退するという苦い経験をして以来、「反社会勢力との交際には厳しく対処してきた」と言われてきた。しかも、その対応ぶりは「業界内でも一目置かれてきた」なんていう声さえあったのだが、現状を見る限りは、それも絵に描いた餅。少なくともテレ朝からは「コンプライアンス遵守徹底しろ!」なんて不名誉なことを言われたのだから、さすがに面目丸つぶれといったところだろう。

間の悪い首相官邸訪問

共同通信社

昨年は、ジャニーズでTOKIOの問題もあったが、最近ではAKB48グループのNGT48の騒動が続いている。その一方では薬物問題も深刻となっているが、今や芸能事務所のリスクマネジメントが問われていると言っても過言ではないだろう。それはさておき、そんな騒動の中で違和感を感じたことがあった。それは、首相官邸に元参院議員でもある西川きよしや吉本新喜劇のメンバーが訪れたことだった。このタイミングに!

ちなみに、これは大阪市中央区の吉本新喜劇の劇場「なんばグランド花月」の舞台に安倍晋三総理が立った(4月19日)ことが縁だったそうだ。どんな裏事情があったのかは分からないが、安倍総理は6月下旬に大阪市で開かれる「G20首脳会議(サミット)」のアピールのため新喜劇に登場したのだという。

そんなことから首相官邸を訪れたというのだが…。官邸内では、安倍総理のモノマネを芸風としているビスケッティ佐竹が、安倍総理が入室してくる時の挨拶をするギャグをすると、続いて吉田裕が上半身裸になって得意の「乳首ドリル」。安倍総理の前で全く意味不明な芸を演じていた。それはそれ、これはこれなのだろうが、世間的にはタイミングの悪い訪問だったはず。ワイドショーネタにするのは控えてもよかった。

あわせて読みたい

「吉本興業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  3. 3

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  4. 4

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  5. 5

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  7. 7

    政治家「産後うつは甘え」が波紋

    女性自身

  8. 8

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  9. 9

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  10. 10

    英で感染再拡大 封鎖は明言せず

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。