記事

「年金2000万円問題」は存在せず,マスコミと政治によって作られた問題

金融庁がその審議会の資料として『「高齢社会における資産形成・管理」報告書(案)』という資料を公表したところ,「老後生活には自助努力で2000万円貯めろ、年金はもう払えないから自分で何とかしろとはどういうことだ!」「政府が年金破綻を認めた。もらえないなら払いたくない。払った年金返せ。」などと,SNSのみならずテレビ局なども取り上げてちょっと盛り上がっていました。

しかし,この批判の約半分は勘違いや知らないことからくる間違った指摘で,約半分は何か別の意図を持った悪意のある指摘といったところです。

まず,主な勘違いポイントを整理します。

  • 金融庁は2000万円必要と言っていない
  • 年金だけで老後生活費を保障するとは政府は言っていない (100年安心云々含めて)
  • 「ついに政府が年金破綻を認めた」のではない

そのあとに,この金融庁レポートの弱点について書きます。

金融庁は2000万円必要と言っていない

2000万円という数字が取りざたされていて,「老後に2000万円必要」みたいなことが言われていますが,金融庁のレポートはそんなことは言っていません。
金融庁のレポートで年金収入だけで足りるのかという説明に使われているのは以下の図とコメントです。
高齢夫婦無職世帯の平均的な姿で見ると、毎月の赤字額は約5万円となっている。この毎月の赤字額は自身が保有する金融資産より補填することとなる。
65 歳時点における金融資産の平均保有状況は、夫婦世帯、単身男性、単身女性のそれぞれで、2,252 万円、1,552 万円、1,506 万円となっている。
(2)で述べた収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生する場合には、20 年で約1,300 万円、30 年で約2,000 万円の取崩しが必要になる。

2000万円云々のくだりはこのあたりですが,「2000万円必要!」とは言っていません。あくまで今の高齢者世帯は平均で月の赤字が約5万円ということだけで,その後は20年なら,30年なら…という単純に月数を掛けただけの数字を並べています。金融庁のレポートでも単純な計算だけど…と特段の意味はないものだとしています。

1300万円〜2000万円のレンジがあるものを「2000万円必要!」と要約するのはかなりの悪意がありますね。しかも,20年は二人が85歳まで生き,30年は二人が95歳まで生きることになります。95歳まで生きるケースはかなりの長寿ケースであって,多少寿命が延びていってもそうなる世帯は多くなさそうです。
そんなレンジのある単純計算の数字でなのに,「月5万」でも「1300万〜2000万」でもなく「2000万」という最大の数字だけを切り出して書くのは,どういう意図をもってそうまとめたのかが気になります。

いずれにしても金融庁は単純に年金だけだと支出に月5万(5.4万)円足りてないというだけの話で,2000万円必要という話はしていません。

【参考】
この数字は2017年の家計調査の数字ですが,最新の家計調査では2018年の結果が発表されており、こちらだと毎月の赤字は41,872円となっているので,この数字を使って30年を掛けると約1500万円となります。

年金だけで老後生活費を保障するとは政府は言っていない(100年安心云々含めて)

100年云々という数字もよく出ていますが,これは2004年の年金制度改革時のことでしょう。
小泉政権下で年金制度改革が行われました。この時に「100年」という数字が使われましたが,これは「この年金制度改革をすることで100年後も所得代替率50%は維持できる」という話でした。
当時の所得代替率が62%程度でしたので,約2割ダウンの水準です。
年金だけで100年間は生活が守られるとは言っていません。

「100年安心プラン」という標語をつけたのは公明党ですが,その公明党ですらその点は強調しています。
「年金100年安心プラン」とは?
①保険料は18,3%を上限に2017年まで段階的に引き上げ、それ以上保険料が上らないようにした。
②もらえる年金はモデル世帯で現役世代の手取り収入の50%を確保。
(年金100年安心プラン!)
ようするに、「支給条件は年々悪化していくことが見込まれるけど,いきなり無くなったりはしないで、100年は所得代替率50%はもらえると考えておいて安心してください」という話です。これはちゃんと厚労省や内閣府のHPなどでも説明されている話です。

「100年間,老後生活が守られる」と勘違いしていた人もいるようですが,それは残念ながら単なる勘違いです。

「ついに政府が年金破綻を認めた」のではない

マスコミ報道などでもよく取り上げられていますね。「老後生活のためには自助努力大事発言→年金破綻」というロジックで,政府が初めて認めたという報道です。
しかし,このようなことは今までも何度も言われていました。

民間では老後生活には3000万円必要などとも言われていましたし,金融機関も老後資金は年金だけでは足りないので数多くの個人年金保険商品が用意されています。これらは公的年金だけで老後の生活費が保障されないという証左です。

そんなことを言うと,「政府・役所の公式見解では初だろう」という声もあるかもしれませんが,そんなことはありません。ネット上で検索するといくつか見つかりますが,わかりやすかったものを一つご紹介。

閣議決定で開催が決まった社会保障国民会議の資料です。 第一分科会(所得確保・保障(雇用・年金))中間とりまとめ (平成20年6月9日)

3.高齢期における所得保障の在り方
(1)基本的考え方
上述のように、日本の高齢者の高い就業意欲を活かし、働きたい人は、年齢にかかわりなく、自ら希望する働き方で働ける社会を作り上げていくことが不可欠である。これにより、高齢期の所得確保・保障について、勤労所得、財産所得、年金所得の適切な組み合わせが可能となる。具体的には、我が国経済社会の在り方と整合する形で、「自助」による所得確保を基本に、「共助」である年金が大きな役割を果たす。そして、生活保護が「公助」として、最後の支えとなる。
(下線は私が追加)

これは明確ですね。基本的考え方として,高齢期の所得確保・補償については年金は大きな役割を果たすが、自助による所得確保が基本と言っています。

上記で示されているように,自助努力が大事というのは今に始まったことでなく,昔から堂々と言われていました。

「ついに政府が認めた」と言っているマスコミは,今になって「イチローって実はオリックスにいたんだぜ!知ってた?」というくらい周回遅れです。

一般庶民ならば興味が無ければ知らなくても仕方ないと言い訳もできますが,マスコミであれば看板を下ろした方がいいくらいの恥ずかしい発言ではないでしょうか。

金融庁のレポートでは家計調査の数字を使ったのはうまくなかった

とはいえ,金融庁のレポートはちょっと甘かった点もあります。自助努力の重要性を訴えるものとして,家計調査の高齢夫婦無職世帯の支出と収入を比較しました。これがマズかった。

何故か?
高齢夫婦無職世帯の支出は年金だけではカバーされず,ほぼ確実に赤字になるからです。

家計調査の数字だと5.4万円支出が多くなっています。では5.4万円年金支給額を増やせば収入=支出になるかというと,なりません。

ポイントは高齢世帯の保有金融資産です。
65 歳時点における金融資産の平均保有状況は、夫婦世帯、単身男性、単身女性のそれぞれで、2,252 万円、1,552 万円、1,506 万円となっている。

自分の老後に月25万円年金をもらったらそのお金だけで生活しますか?
もちろん他に金融資産がない人はそうならざるを得ないでしょう。

でも金融資産を2,250万円持っていたらどうでしょか?
2,250万円の預金に手を付けずに死にますか?お金は死後の世界まで持っていけませんが,何のために貯めてきたのでしょう?
おいしいもの食べたり,温泉旅行行ったりと何かに使う人は多いのではないでしょうか?

年金だけである程度の生活が可能だとしても,別途大きな預貯金がある人はそのお金を使って生活しちゃいます。毎月の生活費は50万円で内訳は月25万円の年金+預貯金から25万取り崩しということになります。
年金だけで暮らす人もいれば,年金に預貯金を加えて暮らす人もいます。

仮に全世帯が年金25万円もらえるとしても,取り崩していける預貯金有りの世帯が入れば,以下のようになります。
・Aさん家:25万円 (預貯金無し)
・Bさん家:25万円 (預貯金無し)
・Cさん家:25万円 (預貯金無し)
・Dさん家:25万円 (預貯金無し)
・Eさん家:30万円 (預貯金有り)
・Fさん家:40万円 (預貯金有り)
・Gさん家:40万円 (預貯金有り)
・Hさん家:70万円 (預貯金有り)

これで平均を取ると生活費は35万円となり,年金だけでは10万円足りません。
この数字をもって「年金だけでは生活できない。月10万円足りない。自助努力で月10万円分貯めないといけない!」という話になるか……というとなりません。この数字が示唆するものは,お金を持っている人は老後資金に使っていることだけです。
(もちろん,もらった年金を使い切らずに貯めていく家計もあるかもしれませんが,死後の世界にお金を持っていけないことを考えると貯める人は少ないでしょう。)

このように考えると,家計調査の数字の読み方は因果関係が逆なのかもしれません。
「年金が足りないから預貯金を取り崩している」のではなく,「平均2,250万円の預貯金があるから年金に月5万円上乗せした生活をできている」と。

レポート内では,自助努力をしないと「望む生活」を送れないかもという書き方にはなっていますが,年金がいくらであっても赤字になるような仕組みの調査の数字を使うのはミスリードを誘いやすかったかな。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    TENGA社員 女性の自慰行為は普通

    AbemaTIMES

  2. 2

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  3. 3

    れいわの躍進で連合は無力化か

    田中龍作

  4. 4

    米国も懸念示す韓国の北朝鮮支援

    PRESIDENT Online

  5. 5

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  6. 6

    中韓に抜かれたTV事業 アニメも?

    諌山裕

  7. 7

    「アベやめろ」は単なる選挙妨害

    かさこ

  8. 8

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  9. 9

    宮迫の契約解消に冷ややかな世間

    女性自身

  10. 10

    京アニ火災 容疑者の氏名を公表

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。