記事

不正アクセスされたベラ・ソーン、自らヌード写真公開し反撃

(写真:REX/アフロ)

5年前、ジェニファー・ローレンスやリアーナ、アリアナ・グランデら100人を超える有名人のプライベート写真が大量に流出する事件が起こった。クラッカーがiCloudやGmailのアカウントに不正アクセスし、データを盗み出してバラ撒いたのだ。中には裸の写真も含まれており、容疑者は性犯罪にも問われ、実刑判決を受けた。

この週末、こういった卑怯なクラッカーのターゲットにされた女優のベラ・ソーン(21)が大胆な方法で“反撃”し話題となっている。

「この24時間、自分のヌード写真のことで脅迫されていました。とても気持ち悪かったし、監視され、大切な人にだけ見てほしいものを盗られてしまったように感じていました。彼は私に他のセレブのヌード写真を延々と送りつけてきました」

これを流出させたくなければ俺の言うことを聞け、という脅しだったのだろう。そこで、ソーンは、犯人が送信してきたメッセージのスクリーンショットをそのままTwitterで公開した。そこには「よう、ベラ! 動画を全部手に入れてやったぜ」という挑発と共にソーンのヌード写真が貼り付けてあった。ソーンは自分の弱点だと犯人が考えている写真をを自ら公開することによって、切り札を無力化したのだ。

「これは私の決断。もうあんたは私から何も奪うことはできない。力を取り戻せたと思ったらよく眠れたわ。あんたは私の人生をコントロールすることは、今もこれからも絶対にできない。(中略)FBIが間もなくあんたの家に行くでしょうね」とソーンは勝利宣言。スクリーンショットには犯人の電話番号がそのまま表示されていたため、逮捕は時間の問題だろう。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  6. 6

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  7. 7

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  8. 8

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。