記事

70歳定年制、働く中高年の6割「反対」 「会社で好きな仕事が出来るわけではない」「体力が続かない」

画像はプレスリリースより

定年後研究所は6月4日、70歳定年・雇用延長に関する調査結果を発表した。調査は4月下旬から5月初旬にかけて、定年制度のある組織に在籍する40~64歳男女516人を対象に行った。

70歳定年制を「歓迎できる」という人は42.6%。一方で「困惑・戸惑いを感じる」は38.2%、「歓迎できない」は19.2%と、否定的な人が多数を占めた。

歓迎派の最大の理由「収入を得られる期間が延びるから」

性別、年代別に見ると、歓迎派が多いのは男女ともに60代前半で、いずれも48.1%だった。

70歳定年を「歓迎できる」と答えた人に理由を聞くと、最も多かったのは「収入が得られる期間が延びるから」(82.7%)だった。2位は「60歳以降も、社会とつながりを持てるから」(38.2%)。3位は「年齢にかかわらず活躍できる社会になる気がするから」(36.8%)だった。

「困惑・戸惑いを感じる」人のうち65.5%は、収入を得られる期間が伸びることを好意的に見るものの、その分長く仕事をしなければならないことに難色を示した。お金と仕事のはざまで複雑な気持ちになっていることがうかがえる。また、34%は「会社にいられても好きな仕事ができるわけではない」と回答していた。

「歓迎できない」と答えた人にその理由を聞くと、「自分としては60歳あるいは65歳以降働きたくないから」(65.7%)が最多だった。2位は「一生働くことになりそうだから」(38.4%)だった。

50代女性「若手・中堅社員とうまくやっていけるか分からない」

実際に70歳定年制になった場合、65歳以降、どのような選択をするか聞いた。最も多かったのは「結局は70歳まで今の会社で働き続ける」(45.7%)で、「65歳以降は違う会社で働く」(17.8%)、「起業など、組織に頼らず働く」(7.6%)などを大きく上回った。

しかし、70歳まで今の会社で働く場合、「不安がある」と答えた人は96.1%にも上る。体力に関する不安は特に多く、63%が「体力が続かないこと」を理由に上げている。2位には「50代のときと同じようなパフォーマンスが発揮できるか分からないこと」(46.9%)、3位には「働く意欲が持てるかどうか分からないこと」(44.2%)が入った。

性別、年代別に見ると、50代女性では「若手社員や中堅社員とうまくやっていけるかどうかわからないこと」が31.1%と、全ての性別・年代の中で唯一3割を超えていた。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  3. 3

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「選挙行くな」動画に悪質との声

    女性自身

  5. 5

    香水許せぬ 極端に不寛容な日本

    PRESIDENT Online

  6. 6

    文在寅氏に向きだす韓国民の怒り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    自民議員 TV局のTweet謝罪に苦言

    和田政宗

  8. 8

    利用者混乱させる日本の電子決済

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  10. 10

    新聞はこれから生き残れるのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。