記事

人気YouTuber「5年で1億円貯めた」 勝因は「たまたまYouTube参入時期が早かった」「俺は何の才能もない」

画像はYouTubeをキャプチャ

チャンネル登録者数101万の人気YouTuber、シバターさんが6月14日投稿の動画で自身の貯金額を明かした。動画では銀行で下ろしてきたという1億円を公開。「今日このまま銀行に預ける」といい袋詰されたままだが、通帳を公開し、1億92万742円から1億円引き落としていることを証明した。

動画内では当初、「宝くじにあたった」と説明していたが、

「実際はサマージャンボだとか年末ジャンボだとかグリーンジャンボとか、そういった類の宝くじで当てたものではありません。このシバター、YouTubeの広告収入と、YouTube関係のパチンコの営業だったりとか案件だったりとかの仕事を約5年続けて、貯めた1億円です」

と話す。

「YouTubeでお金が稼げるようになるぞっていうのを聞いてすぐ入っていった」

それにも関わらず、「宝くじに当たって得た1億円です」という。シバターさん自身だけではなく、人気YouTuberはみな運がよかった、と語る。

「どのYouTuber、ヒカキンでもそう。はじめしゃちょーもそう。ヒカルもラファエルもみんなそうなんですけどみんな素人です」
「ヒカキンはボイスパーカッションっていって宴会芸、お酒の席で披露するような一発芸は持っているものの、ボイスパーカッションで稼いだわけではなく、YouTubeでそこまで当たったのがヒカキンです。みんな素人、何かのプロではない。たまたまYouTubeに参入する時期が早かった」

参入当時、誰もやっていないことを始めたから当たったため、「素人がたまたま運良く稼げるようになっちゃった。これがYouTubeなんです」という。自身は本職はプロレスラーではあるが、「俺は何の才能もない」「プロレスラーとしても有名じゃない」という。

「僕は素人なんですよ。たまたまYouTubeに参入する時期が早かった。YouTubeでお金が稼げるようになるぞっていうのを聞いてすぐ入っていった。たまたまね」

「僕はYouTuberとして、普通のいち人間としてなんの才能もありません」

その食いつきの早さがお金を手に入れられた要因の一つになったが、当たったのは偶然だという。YouTuberとして2013年から活動し始めたが、誰もやっていなかった"炎上・便乗キャラ"が当たり、1億円を貯めることができたという。

「僕はYouTuberとして、普通のいち人間としてなんの才能もありません。みなさんと同じでございます。でも、YouTubeを通じて1億円手に入っちゃいました。僕の人生、宝くじに当たったようなもんですよ」
「YouTuber誰も凄くない。宝くじに当たったようなもん」

今後は「稼げるうちに稼いでいきたい」と話す。シバターさんは4月に投稿したInstagramで「今月の収益700万くらいある」といい、さらに企業案件代が加算されると明かした。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。