記事

「憲法の考え方」についての質問

参議院選挙を前に、マスコミ各社から同じような質問が届いています。

報道では、詳細な説明が記載されることはなく、「改憲派」「護憲派」という形で括られてしまう可能性が高いと思いますので、この機会に私の憲法についての考え方をお伝えしたいと思います。

1.憲法改正に賛成か。反対か。

私は、「憲法改正」自体には反対しておりません。憲法は不磨の大典ではなく、時代によって変える必要があるところも出てくるものだと考えております。

もちろん、そのための改正であっても、議論を尽くし、国民が納得できるもので無ければならないのは当然のことであります。

2.自民党と統一会派を組んでいるが、自民党の改憲4項目には賛成するのか。

自民党が公表したいわゆる「改憲4項目」は、「条文イメージたたき台素案」であり、自民党として議論の土台となるものを提示したものであります。

国会の憲法審査会において、各党が真摯に議論を重ね、その過程での修正も有り得るものであります。

特に注目をされている「自衛隊の明記」については、9条への追記という形ではなく、例えば憲法73条(内閣の責務)への追記ということも検討の余地があるとも考えております。

以上です。

私は、憲法9条は日本国憲法の3大原則の1つである「平和主義」の根幹であると考えており、憲法9条を改正するのであれば、「国民合意」ではなく、「国民総意」で無ければならないと考えております。

国民を二分するような状況をつくることは望ましい状況ではありませんので、しっかりと国会で議論を尽くし、そして国民の皆さまとも議論をしていかなければならないと考えます。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  3. 3

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「選挙行くな」動画に悪質との声

    女性自身

  5. 5

    香水許せぬ 極端に不寛容な日本

    PRESIDENT Online

  6. 6

    文在寅氏に向きだす韓国民の怒り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    自民議員 TV局のTweet謝罪に苦言

    和田政宗

  8. 8

    利用者混乱させる日本の電子決済

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  10. 10

    新聞はこれから生き残れるのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。