記事

アングル:中国の「Z世代」、高級ブランド品の強力な購買層に


[パリ 13日 ロイター] - コンサルタント会社のベインは13日、海外の高級ブランド各社が中国人の旺盛な需要を取り込もうとする中、年齢が10代後半から20代前半にかけての中国版「ジェネレーションZ(Z世代)」がブランド品市場で強力な購買層になりつつあるとの見方を示した。

世界の高級ブランド品業界の売上高は中国の消費者の購入が3分の1超を占めており、米中貿易摩擦が続く中でも中国の消費者が売り上げの成長を支えている構図は変わっていない。

ベインはブランド品のハンドバッグ、衣料品、化粧品の世界売上高について今年の伸びを、為替変動の影響を除いたベースで前年比4─6%と予想。主に中国の需要拡大が業界の成長を支えるとの見方だ。昨年の実績も6%増だった。

だが米国を訪問する中国人旅行者は減少しており、中国政府は消費税や輸入関税の引き下げ措置で、中国人が海外でなく国内で買い物をするのを奨励しようとしている。そうした中で購買層の変化が進んでいる。

世界の超高級ブランドの企業によると、中国では平均購入者年齢が世界のどの国よりも若い傾向があるが、とりわけZ世代が急速に中心勢力となりつつある。ベインのパートナー、フェデリカ・ラバト氏は「彼らを注目すべきだ。巨大な購買層であり、衝動買いをしてくれる」と述べた。

同氏は、欧米のブランド各社はデジタルマーケッティングを活用したり、コンサート、期間限定型の店舗といった熱狂を演出するイベントを通じて、トレンドをつかまえていくことに腐心していると付け加えた。

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  5. 5

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    GSOMIA破棄 米国は許容範囲内か

    早川忠孝

  10. 10

    横浜IR誘致で大阪の事業者撤退も

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。